乾燥肌とは

乾燥肌とは

乾燥肌は、我々の日常と強く結びつく皮膚疾患ですが、正しい知識、適切な治療法を学ぶことで患部の悪化を最小限にとどめることができます。ここでは、乾燥肌の基礎について解説していきたいと思います。

乾燥肌とは一覧

乾燥肌とは
肌がカサカサになると乾燥肌の合図 気温が下降し、空気が乾燥する秋から冬にかけて我々を悩ます「乾燥肌」です。乾燥肌は、肌(皮膚)の角質細胞間脂質と皮脂の量が通常値よりも少なくなることで、肌(皮膚)から水分が蒸発し、表面がカサカサになる症状を言います。乾燥肌に伴う「かゆみ」は、刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるものと言えるでしょう。 乾燥肌の原因のひとつである角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎患者にみられる遺伝的な要素(患者の体質)によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあります。 乾燥肌対策のコツはあるの? 実際に行う乾燥肌対策ですが、患者個人によって肌質は違いますし、先天的(遺伝)に乾燥肌なのか、後天的(生活環境など)に乾燥肌なのかによって対応の仕方も変わってきますので、その点は十分注意が必要です。しかしいずれにしても乾燥肌が日常生活や周辺環境にに大きく起因していることからすると毎日の身の回りの習慣に気を配られるだけでずいぶんと問題は解決するのではないでしょうか。 暖房は必要最低限にとどめお部屋の湿度に心がける 熱いお湯の長時間入浴は避ける 液体や...
乾燥肌とかゆみの関係
乾燥肌とかゆみの関係性 乾燥肌になるとかゆみの関係は密接なものです。「乾燥肌とはでも触れていますが、乾燥肌にともなうかゆみは、角質細胞間脂質と皮脂が少なくなることで、皮膚から水分が蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるものです。 角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的な体質によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあると言われています。 かゆみの原因ってなに? 乾燥によるかゆみの原因はなんでしょうか?そのほとんどは、加齢による角質細胞間脂質と皮脂の低下、或いは、石鹸などの過度使用による肌のブロック機能の破壊によって引き起こされます。 外部からの刺激に弱くなるため「かゆみ」が引き起こされます。乾燥肌の原因のほとんどは日常の生活環境に深く起因しているようです。 乾燥肌豆知識 かゆみと痛みは違う? これまで、かゆみと痛みは同種の感覚であるということを聞いた方は多いのではないでしょうか?確かにかゆみと痛みは同じ知覚神経によって伝えられるなどいくつかの共通点があるようです。しかし、人の内臓に痛みは感じてもかゆ...
乾燥肌はなぜかゆみを伴うのか
かゆみを伴うワケ なぜ乾燥肌になるとかゆみを生じるのでしょうか? 乾燥肌にともなうかゆみは、『乾燥肌とかゆみの関係』で申し上げたように、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなることで、皮膚から水分が蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるものです。 角質細胞間脂質と皮脂の低下の原因 角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的な体質によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあると言われています。 乾燥肌は、空気が乾燥する秋から冬にかけて発症しますし、自宅の暖房器具の長期・長時間使用、長時間入浴などで、乾燥肌を助長してしまうことが少なくありませんので注意が必要です。 また、乾燥肌対策はお金をかけずに身近なものから取り組めますが、個人によって肌質は違いますし、先天的(遺伝)に乾燥肌なのか、後天的(生活環境など)に乾燥肌なのかによって対応の仕方も変わってきます。 乾燥肌対策は生活改善から しかしいずれにしても乾燥肌の大部分が日常生活に大きく起因していることからすると毎日の身の回りの環境に気を配られるだけでもずいぶ...
肌が乾燥する時期
乾燥肌になる時期 乾燥肌は、空気が乾燥する秋から冬にかけて多く見られます。それだけに自宅の暖房器具の長期・長時間使用、長時間入浴などで、乾燥肌を助長してしまうことが少なくありません。 実のところ乾燥肌対策はお金をかけずに身近なものから取り組めますので、まずは周辺の生活環境から改善されることをお勧めします。 乾燥肌になると何故かゆい? そもそも、肌が乾燥すると何故かゆみを生じるのかご存知ですか? 乾燥肌にともなうかゆみは、『乾燥肌とかゆみの関係』で申し上ているように、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなることで、皮膚から水分が蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるのです。 角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的な体質によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあると言われていますので覚えておいてください。 かゆい時の注意点 また、乾燥肌が原因でかゆくてたまらない時、ついついかいてしまいますが、それがさらに「かゆみ」を誘発することになりますので注意が必要です。どうしても「かゆみ」を感じる時は、体温が上昇...
冬の乾燥肌対策
冬の乾燥肌対策 冬の乾燥肌対策は、特別な理由がなければスキンケア(お肌の手入れ)が中心になります。まずは日常生活において皮膚の表面から乾燥させないよう気をつけることが最も大切になります。 すでに、乾燥肌になった幹部をかいてしまって湿疹などができてしまった場合には、ステロイド外用薬を使うことがありますが、通常は保湿剤を塗る程度で充分ですので、あまり最初から大げさに考える必要はありません。 乾燥肌の場合、夜に強いかゆみを伴い眠れなくなる時があります。そんな時は、抗ヒスタミン剤を内服することで対処が可能です。もちろん、この場合も医師の診断により適切な判断の元行ってください。 乾燥肌を予防する 乾燥肌を予防するためには日頃の生活環境を見直すことで大きく改善されます。まず、部屋の乾燥に気をつけて、喚起を適切に行い、冬場は寒いからといって暖房器具を使いすぎず、室内の湿度を適度に保つなど上手く使うよう心がけましょう。必要に応じて加湿器を使用すると良いでしょうね。 また、入浴時にも注意が必要です。熱いお風呂に長く入るのは避け、低刺激石鹸を使用し、皮膚をこすり過ぎないようにします。入浴後には保湿剤を塗る...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved