乾燥肌の種類

乾燥肌の種類

乾燥肌、あるいは肌が乾燥することで発症・併発する皮膚の病気は実にさまざまです。通常の乾燥肌から老人性、幼児性乾燥肌までを解説し、発症する原因、及び治療法も含めてご紹介します。→→その前にひとつお得なお知らせがあります。ある化粧品製造メーカーの方が、乾燥肌化粧品の危険性とその使用法について本音で語っているのです。その方がすすめる化粧品が今だけ安くなるようですから、ご興味あるなら今すぐ見てください→誰にでもできる乾燥肌対策法

乾燥肌の種類一覧

通常の乾燥肌
乾燥肌は何故かゆい? 通常、乾燥肌になるとかゆみを発します。では、なぜ肌(皮膚)が乾燥するとかゆくなるのでしょうか?正常な肌(皮膚)では、皮脂腺から皮脂がしっかり分泌され、角質細胞のすきまにある角質細胞間脂質にもたっぷり存在し、常に潤う状態が保たれています。皮脂は汗腺から出る汗の水分と混ざり合って、クリーム状の膜となり角層の表面を覆い、水分の蒸発を防いでいます。この皮脂膜と角質細胞間脂質の保湿機能によって、皮膚は外からの物理的な刺激や科学的な刺激から守られているのです。 しかし、外気の乾燥により肌(皮膚)が乾燥すると皮脂膜が壊れ、水分が蒸発するため皮膚を保護する機能(ブロック機能)が麻痺します。その為、皮膚は様々な刺激を直接受けやすくなってしまい、ちょっとした刺激でかゆくなったり、乾燥肌以外にも敏感肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を起こしてしまうケースも少なくはありません。 老人性乾燥肌と幼児性乾燥肌 乾燥肌にはこの他、老人性乾燥肌と幼児性乾燥肌があります。老人性乾燥肌は、肌(皮膚)が乾燥する最大の理由が「加齢」です。加齢とは、ご想像のとおり年齢を重ねる、年をとるということですよね。...
老人性乾燥肌
年をとると乾燥肌? 肌(皮膚)が乾燥する大きな理由のひとつに、「加齢」があります。加齢とは、ご想像のとおり年齢を重ねる、年をとるということですよね。誰しも年齢を重ねるにつれて皮膚の発汗や皮脂の分泌機能が衰えてきます。また、年齢があがるにつれて角質細胞間脂質も減少していくことも分かっています。それが原因で肌(皮膚)が乾燥しやすくなるのです。 老人性乾皮症と老人性皮膚掻痒症 加齢による乾燥肌は、さらに「老人性乾皮症」と「老人性皮膚掻痒症」の2つに分類されます。 老人性乾皮症は、加齢に伴う皮膚の水分不足が肌(皮膚)の乾燥してかさついた状態を作り出す皮膚疾患で、特に空気の乾燥する秋から冬にかけて現われ、自覚症状としては痒みを伴うことが特徴です。乾皮症は、通常、水分や皮脂、細胞間脂質(セラミド)、尿素などの天然保湿因子で保たれている肌(皮膚)が、加齢により保湿能力が低下することから発症します。さらに、暖房などによる湿度の低下やお風呂での洗いすぎなどが加わると症状はさらに進行しますので注意が必要です。 老人性皮膚掻痒症とは 老人性皮膚掻痒症は、加齢により肌(皮膚)の機能が低下することで発症する皮膚...
幼児性乾燥肌
気になる幼児性乾燥肌 10歳未満の幼児の肌は未熟で、肌(皮膚)の角質の水分量は老人の水分量よりも少ないと言われています。そのためか、肌表面が見た目で乾いていたり、カサカサしていたりという状況を良く見かけます。 しかし、幼児の肌に直接触った感じが少しザラついたり、カサカサするという程度であれば許容の範囲とされます。幼児の場合は、これだけで乾燥肌と判断するには少々早いようです。患部にかゆみや赤みがないのでしたら、過度に敏感になる必要はないようです。 とは言え、現代にはアトピー体質のお子様も増えてきております。ですので、もしアトピー性の乾燥肌の疑いがあるようでしたら、将来的にかゆみを発症する可能性もありますから、お近くの皮膚科に診察してもらうか、入浴後にもワセリンなどの保湿剤を使用するなどして、早めの乾燥肌対策、もしくはアトピー性皮膚炎対策を行なわなければなりません。 幼児の肌疾患 幼児のアトピー性皮膚炎(アトピー)の場合は、乳児期に比べ、次第に肌が乾燥してくるために、体のあちらこちらに湿疹が目立ちはじめます。湿疹が出来やすい箇所としては、ひじの内側かひざの裏側が多いでしょう。さらには、耳の...
乾燥肌と敏感肌
幼児の過敏な肌 10歳未満の幼児の肌は未熟で、肌(皮膚)の角質の水分量は老人の水分量よりも少ないと言われています。だからと言って大げさに考える必要はなく、肌(皮膚)に直接触った感じが少しザラついたり、カサカサするという程度であれば心配する必要のない許容の範囲とされます。症状として、かゆみや赤みがないのでしたら、過度に敏感になる必要はないようです。 しかし、現代ではアトピー体質(アトピー性皮膚炎)の子供も増えてきております。ですので、もしアトピー性の乾燥肌、又はアトピー性皮膚炎の疑いがあるようでしたら、将来的に強いかゆみが発症する可能性もありますので、最寄の皮膚科に診察してもらうか、入浴後にもワセリンなどの保湿剤を使用するなどして、日常環境の改善から取り組まれることをおすすめします。 敏感肌になりやすい人 乾燥肌や敏感肌になりやすい人というのは、一概には言えませんが、その原因が先天的(遺伝)になる場合と、後天的(加齢や洗剤など)になる場合と分類されます。 先天的になる場合というのは解説するまでもなく、代々受け継いだ遺伝により乾燥肌体質となっているわけですから、このような方というのは、あま...
乾燥肌とアトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎 乾燥肌とアトピー性皮膚炎(アトピー)は「肌あれ」「皮膚疾患」という共通点を除いては、全く別物と思ってください。アトピー性皮膚炎(アトピー)の原因ははっきりと断定できないのが現状ですが、日本の都市部が拡大するにつれて患者が増加していることから、環境汚染などが大きな原因なのではと考えられています。 以前は子どもの病気とされていたアトピー性皮膚炎(アトピー)も、今では大人になってから発症するというケースが増えてきています。大人のアトピー性皮膚炎(アトピー)は、顔に症状が表れるケースが多く、発症して間もない頃は、目の周りが赤くなり乾燥肌のようなカサカサ感があるような症状から、次第に顔中に広がるという流れを踏みます。症状が悪化すれば、首や手の指にも失神が広がっていき、あまりの「かゆみ」で夜眠れなくなる人もいるくらいです。 アトピーの対策法 ここで、基本的なアトピー(アトピー性皮膚炎)の対策方法をご紹介します。 ▼規則正しくストレスをためない生活をすることが重要 アトピー性皮膚炎の場合もまずは生活改善から取り組みましょう。とにかく、規則正しくストレスをためない生活をすることが重要...
乾燥肌とにきび
にきびの改善法 にきびはホルモンバランスの乱れで発症する傾向にありますので、乾燥肌のスキンケアのような外部からの処方だけではなく、体の中から直していかなければなりません。(正確には乾燥肌も体の内側から生活改善を行うことで予防できますからその点はお間違いなく。) にきびには、中学生や高校生の時代に頻発する「思春期にきび」と主に社会人になってから発症する「大人にきび」とがあります。大人のにきびは、過酷な勤務体制や上司・同僚との人間関係におけるストレス等が原因とされるため、非常に治りにくく、悪化すればにきび跡が残ったりします。女性においては、生理前に悪化するなど、その原因は、内面性の要素が多いにきびと言えます。 体の中から治すというのは食事療法がポピュラーです。肌(皮膚)ににきびが発症する割合の多い欧米人に対し、和食をたしなんできた日本人は、世界でもにきびの発症する割合は極めて低いと言え、そういう意味では最近の日本人ににきび肌の方が増えたのは、欧米型の食事が増えたことが主な原因なのかもしれません。食生活は、甘い物(特にチョコレート)を控え、緑黄色野菜を多めにとることをお薦めします。 肌の免疫...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved