乾燥肌対策

乾燥肌対策

乾燥肌対策をするにはまず自分を知ることから始めましょう。乾燥肌の原因には先天性、後天性の2つがあります。周辺環境、遺伝環境を正確に捉え、適切に処置することが非常に大切です。ここでは具体的な乾燥肌対策について解説します。

乾燥肌対策一覧

乾燥肌の予防
乾燥肌を予防するには 乾燥肌を予防するには、まず乾燥肌の原因を知ることから始めなければなりません。他でも触れているように、肌の乾燥は、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなり、皮膚から水分が蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで起こるものです。 角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的な体質によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあると言われています。 前者の先天的なものは予防しようと思っても難しい側面もありますが、少なくとも後者は日常的なことですから充分対応可能と言えます。 乾燥肌になりやすい環境 乾燥肌を生成しやすくなっている日常環境をいくつか挙げてみます。 暖房の長時間使用 長時間入浴 洗剤やせっけんの多量使用 肌のこすりすぎ 入居後のスキンケア不足 下着や衣類の着用 実に日常的なものばかりです。しかしこれらに注意するかどうかで、乾燥肌を克服できるかが決まると言っても過言ではないでしょう。以上を下記のように心がけてみてください。 暖房は必要最低限にとどめお部屋の湿度に心がける 熱いお湯の長時間入浴は避ける 液体やクリーム状の洗剤は多量...
乾燥肌とアロマ
乾燥肌でかゆい時は 乾燥肌が原因でかゆくてたまらない時、ついついかいてしまいますが、その行為がさらに「かゆみ」を誘発することになります。肌(皮膚)に強い「かゆみ」を感じる時は、体温が比較的高い場合が多いので、なるべく外部から冷却することを考えねばなりません。 しかし、やりすぎたり、冷水に浸したタオルを直接肌にあてたりすると水分でかえって症状を悪化させる原因になりますので、出来るだけドライタオルで冷やすか、ビニールを間にはさんで冷水で冷やすかにしてください。あまり冷やしすぎるのも刺激になりますので、乾燥肌対策は臨機応変に行う必要があります。もし、症状が長期にわたるようであれば、医師に診察してもらい、薬(かゆみ止め)やかゆみ止め内服薬などを処方してもらうのも良いでしょう。 アトピー性皮膚炎と同様に、かゆくてたまらない状況を放置し、いらいらストレスを溜めてしまうよりはましです。専門家の言うことを忠実に守り、適切な治療を行うのであれば、過度に神経質になる必要はないと思われます。 かゆみを伴う皮膚疾患の場合 乾燥肌やアトピー性皮膚炎のように、かゆみを生じる皮膚疾患の場合には、アロマセラピーが効果...
アトピー性皮膚炎と乾燥肌対策
アトピーと乾燥肌の共通点 アトピー(アトピー性皮膚炎)と乾燥肌は「肌あれ」という共通点を除いては、全く別物です。アトピーの原因ははっきりと断定できないのが現状ですが一部では食物(食べ物)が原因だと信じられているところもあります。 地理的に都市部に患者が多いことから、環境汚染などが原因なのではと考えられるようになってきました。以前は子どもの病気とされていたアトピーも、今では大人になってから発症するというケースが増えてきています。 大人のアトピー対策 大人のアトピーは、顔に症状が表れるケースが多いです。初めは目の周りが赤くなり、かさかさするような症状から、次第に顔中に広がります。首や手の指にも失神ができ、かゆみで眠れなくなる人もいるくらいです。 基本的なアトピー対策としては、規則正しくストレスをためない生活をすることが重要だとされています。大人のアトピーは、寝不足やストレスに大きく起因すると考えられているからです。 アトピー皮膚炎対策についてはアトピー性皮膚炎で詳しく解説しています。 ...
食べ物で乾燥肌対策
乾燥肌は女性の大敵? 乾燥肌に限らず、お肌を健康に若々しく保ちたいと思うのは共通の願いですよね。特に女性には気になる問題です。 お肌をいつまでも若々しく保つ為には日常の食生活が大きく影響しています。忙しい毎日を言い訳にしているとあっというまにお肌の酸化と老化は進み、取り返しのつかないところまでいくなんてことも・・・ 脅かすつもりはないのですが、それだけお肌と食べ物とは密接に関係しているということは理解していただければと思います。 食べ物で乾燥肌対策 では、どのような食事をどのように摂るように心がければ良いのでしょうか? つきなみですが、バランスの良い食事がベストです。飽食の現代においては、冷凍食品からサプリメントに至るまであらゆる食品補助、栄養補助食品が出回っております。 しかしそのほとんどは、例えば生野菜などから得られる栄養(ビタミン)に比べて●分の1にしかないと言います。野菜ジュースなどをコンビニエンスストアで朝食と一緒に購入し栄養を摂取したつもりでいる方も多いようですが、完全に不足している事実を再認識していただきたいと思います。 ポリフェノール 抗酸化力を発揮するポリフェノール。...
乾燥肌とホルモンバランス
成長ホルモンが若さの秘訣? 成長ホルモンやエストロゲンがお肌をみずみずしく保つことに強く関係するのだったら、薬で摂取していつまでも若々しい肌を維持したいと考える方もいると思います。 たしかに現代医学では、それらのホルモンを投薬することは可能になっています。しかし、リスクが高いのです。ホルモンを投入することで、全体で絡み合うホルモンバランスが崩れ、問題のなかった部位に副作用が現れる結果になることもあります。ホルモンは単体でなりたっているのではなく、複雑に絡み合った歯車で動いているので安易に考えないようにしてください。 医学上予測不可能なことも起こることさえありますし、場合によってはガンを発症することになるかもしれません。自分でホルモンコントロールするなどとは考えないようにしましょう。 乾燥肌になる外的要因 乾燥肌の多くは、外的要因、特に生活環境によって引き起こされる場合が非常に多いと言えます。例えば、暖房の長時間使用、過剰な洗浄、長時間入浴といった日ごろ私たちが行う行動と密接に関係があるのです。 その一方で、外的(環境)要因ではなく、内臓の疾患を伴うものが約10〜50%ほどあると言われて...
乾燥肌対策
乾燥肌対策はひとつだけ? 乾燥肌対策は様々です。 個人によって肌質は違いますし、先天的(遺伝)に乾燥肌なのか、後天的(生活環境など)に乾燥肌なのかによって対応の仕方も変わってきます。 しかしいずれにしても乾燥肌の大部分が日常生活に大きく起因していることからすると毎日の身の回りの環境に気を配られるだけでもずいぶんと問題は解決するのではないでしょうか。 肌が乾燥する原因 他でも触れているように、肌の乾燥は、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなり、皮膚から水分が蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで起こるものです。 暖房は必要最低限にとどめお部屋の湿度に心がける 熱いお湯の長時間入浴は避ける 液体やクリーム状の洗剤は多量使用に気をつける タオルでのこすり過ぎに注意する 入浴後は保湿剤を塗る 下着や寝巻きは水分を含む綿製品を着用する このように日常環境に気を配るだけでもずいぶん状況は変わります。 皮膚の乾燥による「かゆみ」は、特別な原因がない場合はスキンケアが中心になります。すでにかいてしまって湿疹が出来ているような場合には、ステロイド外用薬を使うことがありますが、通常は「保湿剤」...
乾燥肌のスキンケア
肌のバリア機能を保つ お肌のバリアー機能を壊さない為には日常のスキンケアが重要です。正しいスキンケアで潤いのあるお肌を保ちたいものですよね。 では、基本的なスキンケアとは何だと思われますか? もうお気づきのことと思いますが、日常の洗顔と入浴時のお手入れが最も気をつけたいスキンケアの基本となります。日常のことですから、以外に見落としている、手を抜いている人も多いのではないでしょうか。 洗いすぎスキンケアには要注意 これとは反対に、抗菌ブームのせいか、洗いすぎ、洗顔のしすぎというケースも見受けられます。 不足してもいけませんし、過度に行っても肌のスキンケアとしては逆効果と言えます。 正しいスキンケアとはちょっとしたコツで行えるということをこのサイトで知ってくださいね。 「肌にやさしい」とのイメージ戦略で洗浄力の弱い洗顔料やせっけんが店頭に並んでいます。ですが、洗浄力が弱いためにお肌には汚れが残ってしまい、酸化・老化の原因を自ら作ってしまっているケースも少なくないようです。 正しいスキンケアとは、洗顔時、入浴時に肌の汚れはしっかり落とし、その後、肌がつっぱるなどの症状が見られた場合には保湿剤...
スキンケアの方法とポイント
正しいスキンケアをしてますか? 正しいスキンケアとは、洗顔時、入浴時に肌の汚れはしっかり落とし、その後、肌がつっぱるなどの症状が見られた場合には保湿剤を塗るなどして対応するほうが良いと「乾燥肌とスキンケア」でお伝えしました。 ではスキンケアの方法とそのポイントについて解説したいと思います。 日本人は特に全身や顔全体を満遍なく洗いきる習慣があります。しかも毎日洗っています。これは世界的に見ても特殊な習慣のようです。経済の高度成長後「不潔恐怖」のイメージが国内を覆い、特に20年程前から過度な洗浄が行われてきました。 乾燥肌に悩む若者が増えてきたのもこの頃からだと言われています。体の部位には、しっかり洗わなければならない部位とそれほど洗わなくて良い部位とがあります。 皮脂の多い部位は気をつけて 皮脂や汗の多い頭部(頭皮)、額、鼻まわり、口まわり、胸の中心部、背中の中心部、手、足の指などはしっかり洗う必要があります。 しかし腕や脚はそれほど皮脂もでませんから、それらを集中的に洗ってしまうと乾燥肌の直接的要因になるのです。 洗い方にはメリハリが必要です。特に足の指などは、においを発する場合もあり...
乾燥肌と体質改善
環境が肌をつくる? 乾燥肌の多くは、外的要因、特に生活環境によって引き起こされる場合が非常に多いと言えます。例えば、暖房の長時間使用、過剰な洗浄、長時間入浴といった日ごろ私たちが行う行動と密接に関係があるのです。 その一方で、外的(環境)要因ではなく、内臓の疾患を伴うものが約10〜50%ほどあると言われています。内分泌・代謝疾患や血液疾患、内臓悪性腫瘍、肝障害、賢障害、心因性などがその一部です。 乾燥肌でも全身性掻痒症の場合は、内科的疾患が隠れていないか、病院でしっかり検査する必要があります。内臓等内科的疾患の場合は病原の改善が基本となりますから、スタートを誤まらないように注意しましょう。 食事で体質改善 また、かゆみの出にくい食事を心がけ体質改善をおすすめします。とは言っても「かゆみ」と食事の因果関係とは患者によって様々であり、アレルギー性のアトピー性皮膚炎でさえも、食事とかゆみ(発症)との因果関係というのは正式には立証されていません。 もっとも良い対策は、一度摂取した食事をきちんと記録し、もしかゆみや赤み、アレルギーの症状が出た場合に何が原因なのかを分析するための材料や情報を準備し...
体質改善の方法
かゆみをどう克服する? 乾燥肌や皮膚病、皮膚炎の方の悩みの種が、どうしようもない強度の「かゆみ」ですよね。 「かゆみ」は、外的(環境)要因で引き起こされるものが大部分ではありますが、内科的(内臓)疾患が要因の場合もあります。内科的疾患の場合は、体質改善を試みることにが治療の基本になるのですが、中でも食事や食べ物による体質改善が良いとされています。 食べ物(食事)による発症が強いと見られているアトピー性皮膚炎の方の場合は、特に注意しなければならないでしょう。 では、「かゆみ」を誘発しやすい食品ってどんなものがあるのでしょうか。一般的に、卵や牛乳といった一部の乳製品はが原因とも言われています。 食べ物とアトピー性皮膚炎 しかし、一方では、実はアトピー性皮膚炎の原因になっていると信じられているこれら乳製品等の食べ物はアトピー性皮膚炎の原因になっているケースというのは以外に少ないとも言われています。要するに食べ物と乾燥肌、食べ物とアレルギー性のアトピー性皮膚炎との因果関係というのは、これだけ発達した科学をもってしても正式には確認されていなようです。だからと言って、何度でも適当に好きなものを摂取...
乾燥肌対策になる食べ物
乾燥肌の内的要因・外的要因 乾燥肌の方は、寝ても覚めても患部の「かゆみ」に悩まされます。ひどい方においては全身かゆみに包まれるということもあるでしょう。乾燥肌をはじめとして、かゆみを伴うアレルギー性の皮膚疾患は、外的刺激によるものと、内的刺激によるものの2つの因果関係が成り立っていると言われています。 外的要因とは、いわゆる肌をいじめる乾燥した空気や紫外線、あるいはダニや埃といった微生物、粉塵といったものまでを含め、肌のバリア機能が破壊された部分(隙間)に入り込むことを言います。肌のバリア機能が破壊されるのには外的刺激だけでなく、老齢や栄養不足によるセラミドの不足等が影響している為、外部からの刺激物をシャットアウトしていても効果が半減することを知っておくべきでしょう。 外的要因以上に注意すべきは・・・ 外的要因以上に注意すべきは、内的要因です。知ってのとおり身体の中で肌は生成され、古くなった細胞も生まれ変わります。この新しい細胞が生まれるサイクル(新陳代謝)がきちんと機能していないと、バリア機能に必要なセラミドやヒアルロン酸の量を維持できないことになります。栄養バランスの良い食を心がけ...
乾燥肌のかゆみ止め
適切な処置がポイント 乾燥肌などによる軽度の「かゆみ」であれば、外的(生活環境)要因を見直せば自然と治癒していくことが多いのですが、アトピー性皮膚炎など強度の「かゆみ」を感じている場合は、適切な処置をしなければ一層悪化することが予想されます。 乾燥肌などで、かゆくてたまらない時、ついつい掻いてしまいますが、それがさらに「かゆみ」を誘発する原因になっていることが多々あります。「かゆみ」を感じる時は、体温が比較的高くなっている場合が多いので、まずは、なるべく外部から冷却することを考えねばなりません。 やりすぎは逆効果? しかし、冷水に浸したタオルを直接あてると水分でかえって症状を悪化させる原因になりますので、出来るだけドライタオルで冷やすか、ビニールを間にはさんで冷水で冷やすようにしてください。あまり冷やしすぎるのも肌(皮膚)にとっては過剰な刺激になりますので、状況にあわせ臨機応変に行う必要があります。 また、明確に乾燥肌と診断できない場合、患部の肌荒れが進行し心配な場合は、すぐに医師等の専門家に診察してもらい、薬(かゆみ止め)やかゆみ止め内服薬などを処方してもらうほうが良いでしょう。 か...
乾燥肌のかゆみ対策
乾燥肌がかゆくて耐えられないとき 乾燥肌が原因でかゆくてたまらない時、ついついかいてしまいますが、それがさらに「かゆみ」を誘発することになりますので注意が必要です。どうしても「かゆみ」を感じる時は、体温が上昇して「かゆみ」を感じる場合が比較的高い多いので、なるべく外部から冷却することを考えねばなりません。 しかし、冷水に浸したタオルを直接肌にあてると水分でかえって症状を悪化させる原因になりますので、出来るだけドライタオルで冷やすか、ビニールを間にはさんで冷水で冷やすかにしてください。逆にあまり冷やしすぎるのも肌(皮膚)にとっては刺激となりますので、状況に応じて臨機応変に行う必要があります。 ストレスを溜めないように また、医師等の専門家に診察してもらい、薬(かゆみ止め)やかゆみ止め内服薬などを処方してもらうのも良いでしょう。かゆくてたまらない状況を放置し、いらいらストレスを溜めてしまうよりはましです。専門家の言うことを忠実に守り、適切な治療を行うのであれば、過度に神経質になる必要はないと思われます。 食事(食べ物)の面から乾燥肌対策が出来ないか考えて見ましょう。一般的に、卵や牛乳といっ...
乾燥肌とアレルギー
乾燥肌の人はアレルギー体質? 乾燥肌や肌あれになるからといってアレルギーかというと決してそうではありません。使用する化粧品やクリーム内に含まれる物質にアレルギー反応を起こすことが稀にありますが、症例としては非常に少ないと言えます。 アレルギーは、体内に潜む特定物質(アレルゲン)が強く関わっており、アレルゲンとの接触を避けることが出来れば発症する危険性は非常に低くなります。例えば、卵、そば、猫、花粉などが主なアレルゲン(アレルギーの原因となる物質のこと)と言われています。 乾燥肌と肌荒れ 一方、乾燥肌や肌あれはその時の体調などに大きく左右され、使用するスキンケア剤に含まれる刺激物質などが誘発原因となる場合があります。乾燥肌や肌の弱い人がデリケートという意味で、アレルギー体質と呼ばれることがありますが、基本的には別のものであると認識しましょう。 乾燥肌になる原因は、大きく2通りあります。一概には言えませんが、先天的(遺伝)になる場合と、後天的(加齢や洗剤など)になる場合です。 先天的になる場合は解説するまでもありませんね。この方というのは、一生涯、乾燥性肌とうまくつきあっていくことを考えね...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved