乾燥肌とスキンケア対策

乾燥肌とスキンケア対策

乾燥肌はスキンケアが命です。でも、大部分の方がスキンケアの方法を間違っていたり、古いスキンケア習慣を身に着けているケースも少なくありません。ここでは、年齢別のスキンケア対策など詳細を解説します。

乾燥肌とスキンケア対策一覧

スキンケアとは
正しいスキンケアとは 正しいスキンケアについて考えたいと思いますが、俗に言われるスキンケアとは、外的要因から肌を守るためのものを指すことが多いようです。昔に比べると大気汚染や環境の変化が原因で、皮膚や衣服に付着する汚れの量も増えましたし、日光を浴びると同時に影響を受ける紫外線の量も、オゾン層の破壊が進行したことで、無視できない深刻な状況です。 このような外的要因から肌を守るのことをスキンケアと指す場合がほとんどですが、本当の意味でのスキンケアはそれだけでしょうか?もう一度考えてみてください。 肌のつくりを考える 我々の肌を構成するひとつひとつの細胞は皮膚(表皮)だけで出来ているのではありません。その下部に構成される細胞の集合体を肌と呼ぶように、外部からだけでなく、内部、つまり体の内側からの健康から気をつけることが非常に重要となるのです。まずは、バランスのとれた食事と適度な運動を組み合わせた生活を心がけ、内外からのスキンケアを目指したいものです。 では今すぐにでもはじめられる外的スキンケアについて考えて見ましょう。日本人は特に全身や顔全体を満遍なく洗いきる習慣があります。しかも毎日洗って...
効果のあるスキンケア
効果のあるスキンケア 効果のあるスキンケアは、「スキンケアとは」でも触れたように、皮膚の外側だけでなく、内側(体の内側)から考えられたものが最も効果がありますし、理想的と言えます。また、乾燥肌やアトピー性皮膚炎、肌あれなどの肌に関する疾患の原因の大部分が内臓の不調によるものが挙げられることからも内側からのスキンケアもまた重要です。 もし肌の調子が気になるようであれば、アレルギー性の高いと言われる卵や牛乳といった食品はなるべく避け、緑黄色野菜や良質たんぱくしつをバランス良く摂取することが良いでしょうし、栄養はビタミンACE(エース)を中心に摂っていくと良いようです。 スキンケアのポイント また、スキンケアのポイントは、肌のもつ役割をしっかり理解したうえで、適切な対応をとることに尽きます。では、次に主な肌が持つ役割についてあげていますので一緒に考えてみましょう。 ▼肌が持つ3つの役割 体を細菌などの外的から守ること(刺激予防) 体内に水分を保つこと(肌の保湿) 体温を一定に保つこと(体温維持) これら肌の3大役割を安定的に稼動させ、自己再生力を常に高いレベルに保つことが、まさにスキンケアの...
スキンケアのポイント
スキンケアのポイント スキンケアのポイントは、肌のもつ役割をしっかり理解したうえで、適切な対応をとることに尽きます。では、肌が持つ役割について考えてみましょう。 ▼肌が持つ3つの役割 体を細菌などの外的から守ること(刺激予防) 体内に水分を保つこと(肌の保湿) 体温を一定に保つこと(体温維持) これら肌の3大役割を安定的に稼動させ、自己再生力を常に高いレベルに保つことが、スキンケアのポイントになります。るまり、肌を清潔に保ちキメを整え、肌に潤いを与え持続させること、最後に紫外線等からの外的ダメージから肌を守ることが必要条件になります。 現代はストレス社会 長時間勤務、苛酷労働によるストレス、社会の手助けのない子育て環境など、現代のおかれている環境は非常にきびしいものがありますが、肌(皮膚)の役目を考えるとうまく付き合っていかなければならないと言えます。 ここで顔のスキンケアをご紹介します。顔のスキンケア(洗顔スキンケア)の基本は、入浴時に体を洗うのと同じで、皮脂の多い部位、汗の量の多い部位を中心に洗浄することです。顔で言えば、Tの部分(Tゾーンと言われる皮脂の分泌が特に多いとされる範囲...
うわさのゲルアンドゲルとは
ウワサのゲルアンドゲル 巷で噂のゲルアンドゲルは、天然の保湿成分によって、肌に自然な保湿力を与え、水分を保持させるために開発されたクリーム化粧品です。ゲルアンドゲルは、界面活性剤やアルコール、香料、着色料、鉱物油を使用していないので安心して使える乾燥肌用保湿剤として人気が上がりました。 ゲルアンドゲルブランドの商品コンセプトは「自然への回帰」。天然由来を重視し、健康的な素肌を蘇らせ、自然環境を大切にした化粧品を開発しています。ゲルアンドゲルは“天然由来の成分”を使用することで、刺激性が低くて安心して使用することができ、お肌にやさしいものばかりなのが最大の魅力です。 ゲルは新しいものではない? 実はこのゲルは、10年ほど前から存在していたのですが、知っていましたか?ある資料によれば、人間の皮膚構造と同じようにできたゲルを化粧品に使用できれば、肌の乾燥防止、保湿持続、美肌効果に絶大な効果を発揮すると信じられてきましたが、ゲルを商品化(化粧品へと加工)するには技術力が追いついていないために、諦められていた時代もあったようです。 しかし、その後の研究を重ねた結果、快進撃がはじまります。バイオ技...
間違いだらけの手あれスキンケア
乾燥肌対策と手荒れケア 家事や水仕事に従事する主婦の方を悩ますのが手の乾燥肌(手あれ)でしょう。手(手の甲)の肌(皮膚)のバリア機能が低下し、カサカサ肌、赤みを帯びた発疹が出来たりします。このように、手が徐々に荒れてくると殺菌力の強い洗剤や石鹸で毎日、過剰に手を洗おうとする方がいますが、大きな間違いを犯していることに気付かなければなりません。 外から帰ってくると手にばい菌が付着しているので手を入念に洗いたい気持ちは良く分かります。しかし過剰な手洗いは乾燥肌を刺激し、更に悪化させる原因になります。通常の肌(皮膚)の常在菌よりも乾燥肌になることよって常在する菌のほうが多くなる傾向にありますので注意が必要です。 例えば、いまから赤ちゃんに触れるからといって、乾燥肌の手を洗浄力の強い洗剤等で入念に洗うのはかえって乾燥肌を刺激してしまうことになりますし、結果として菌を増殖していることになります。気持ちはわかりますが、手が乾燥肌になった場合は、まず乾燥肌を予防するスキンケアの方法を心がけましょう。 乾燥肌になりやすい人となりにくい人 肌が乾燥しやすい、いわゆる乾燥肌になりやすい人がいます。乾燥肌に...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved