年齢別スキンケア対策の方法

年齢別スキンケア対策の方法

適切なスキンケアは、年齢別で違います。皮脂の分泌が少ない乳幼児や高齢者、或いは皮脂の分泌が多い中高生のスキンケアには大きく違いが出てきます。洗顔法、入浴法なども含めて適切なスキンケアの方法を学びましょう。

年齢別スキンケア対策の方法一覧

乳幼児(赤ちゃん)のスキンケア
乳幼児のスキンケア 乳幼児のスキンケアですが、乳幼児(あかちゃん)だからと言って、ベビーオイルなど特別なことをしなければならないかと言うとそんなことはありません。 乳幼児の時期には、新陳代謝が活発で肌は乾燥することもなくみずみずしいのですが、一方では皮脂が少ない時期ですので、体の洗いすぎには注意が必要です。実はこの時期の皮脂は、時期によっては高齢者よりも少なくなることもあるようですので本当に気をつけてください。 スキンケアの基本 基本的には毎日の入浴で体の汚れをきちんと落とし、入浴後は落ちた皮脂を補う程度の保湿ケアを心がけ、衣類はもともと水分を含む綿生地のものを使うことをお薦めします。以外かもしれませんが、あかちゃんは、皮脂が少ないのです。そこは充分に注意が必要ですね。 小学生くらいになると 乳幼児を卒業し小学生くらいになるとスキンケア(乾燥肌等の手入れ)の対策方法も違ってきます。子供も小学生くらいになると、親から離れ外で遊ぶことが多くなりますが、当然子供は自分で肌の手入れなんかしませんから親がきちんと目配りをしてあげる必要があります。 夏には、汗とドロにまみれ、冬はひじや膝などの肌の...
子供(小学生)のスキンケア
子供のスキンケア 子供も小学生くらいになると、親から離れ外で遊ぶことが多くなります。当然子供は自分で肌の手入れなんかしませんから、そうなると夏には、汗とドロにまみれ、冬はひじや膝などの肌の表面がカサカサになるなど、外的環境によって、肌の機能を損ねることが多くなります。 子供の場合はやはり親が目をくばり、夏には、こまめな入浴を心がけ、冬には入浴後に保湿剤などを塗ってあげるなど、季節や状況により対処してあげる必要があるでしょう。 子供と言えど、冬に外にずっといたり、家の中で暖房にさらされたままの生活をしていると、肌が乾燥しやすくなります。小学生くらいの時期になりますと想像以上に肌が乾燥する時期でもありますので、こまめな乾燥肌対策を心がけるようにしてください。 子供が中学生くらいになると これが中学生くらいになるとどうでしょう。中学生・高校生の肌は、皮脂が多くなります。この時期のスキンケアはとになく、多量の皮脂を洗い落とし常に清潔であることが最高のスキンケアになります。人によっては、1日2回の入浴を習慣化させ、洗顔は1日3回行うなどの対策が必要になります。 特に都心の女子学生においては、高校...
中学生・高校生のスキンケア
中高生の肌は 中学生・高校生の肌は、皮脂が多くなることが特徴です。この時期のスキンケアはとになく、多量の皮脂を洗い落とし常に清潔な肌(皮膚)を保つ、維持することが最高のスキンケアになります。 人によっては、皮脂が肌荒れやにきびといった皮膚疾患に直結しますので、状況にあわせて1日2回の入浴を習慣化させ、洗顔は1日3回行うなどの対策が必要になるでしょう。 特に都心の女子学生においては、高校生(あるいは中学生)からお化粧をするようになりましたが、特に皮脂の多いこの時期にお化粧をうするということは「油の上に油を重ね塗りする」ことになりますから、脂や汚れを体外に放出するどころか、肌(皮膚)の上にサランラップをして、その中で細菌を繁殖させているようなものです。それは肌を酷使しているなんてレベルを遥かに超えた行為と言えるでしょう。 重度のにきびの原因にもなりかねませんので、注意が必要と言えます。 乾燥肌の大敵は長湯? 乾燥肌には、まず長湯が良くありません。 皮脂の分泌が多いこの時期は、入浴法の改善ひとつで肌質を改善できますので、この機会に覚えてください。注意したいのは長湯です。長湯は体の水分を奪うた...
大学生〜OL(40歳位までの社会人)のスキンケア
大人のスキンケア 大学生〜OL(40歳位までの社会人)というこの時期は、肌質自体が最も安定する時期です。しかしその反面、生活が仕事などで不規則になる為、寝不足で肌を追い込むことになる場合が多いと言えます。 中でも、お肌にとって最も悪い影響を与えているのが実は睡眠不足なのです。人間は最低6時間は睡眠時間を確保しなければ肌荒れの原因、ターンオーバーの乱れといった肌トラブルを引き起こすことになります。ですので、どんなに忙しくとも最低6時間は睡眠時間を確保するように気をつけたいものです。 スキンケアの落とし穴 よく行うのが平日は短時間睡眠で、週末寝だめをすることです。一見大丈夫のようでもこれがお肌にとっても最もよくありません。肌の再生は寝ている間しか行われないとの研究結果があります。毎日決まった量だけ睡眠をしないと急速な肌老化を招くことになるのです。年齢より年をとって見られる人、肌のはりが年齢相応でない人は睡眠をはじめとした生活改善をすることが急務と言えます。 本人の心がけ次第で改善される部分も少なくはありません。あくまでも安定した日ごろの習慣が重要(キー)となりますので、特に乾燥肌等、今気に...
更年期(50歳以上)のスキンケア
更年期のスキンケア 50歳以上になると、更年期の影響でお肌の調子が不安定になります。自分の肌でないように感じ、あせってあらゆるスキンケアを試みる方もいらっしゃるようですが、ここはあせらずじっくりとシンプルなスキンケアに徹したほうが良いようです。 肌が不安定になるのは、更年期によるホルモンバランスの乱れが原因ですので、色々なスキンケアを試しても効果がないことがあります。そのあせりから精神的不安定を引き起こし、ストレスなどでお肌を悪化させる原因にもなりかねません。ですからあまり神経質になることを避け、化粧品は、この頃から敏感肌対応のものに切り替えていきましょう。 セラミドが不足 基本的に、更年期(50歳以上)になると、お肌の皮脂と水分の両方が不足してきます。これはセラミドという肌(皮膚)の保湿機能をもつ角質細胞が減少することが原因と考えられます。 セラミドは、肌(皮膚)の表面の角質層の角質細胞を構成し、角質細胞中の保湿機能を高め永続させる機能を持ち合わせています。 肌表皮の角化の過程において、有棘細胞〜顆粒細胞で形成される層板顆粒から角質層に供給されるセレブドシドが酵素セレブロシダーゼによ...
60歳からのスキンケア
高齢になってからのスキンケア 個人により違いますが、60歳以上にもなると、お肌の皮脂と水分の両方が不足してきます。これはセラミドという肌(皮膚)の保湿機能をもつ角質細胞が減少することが原因と考えられます。 セラミドは、肌(皮膚)の表面の角質層の角質細胞を構成し、角質細胞中の保湿機能を高め永続させる機能を持ち合わせています。 肌表皮の角化の過程において、有棘細胞〜顆粒細胞で形成される層板顆粒から角質層に供給されるセレブドシドが酵素セレブロシダーゼによってセラミドに変化し、これが角質細胞間に連続的なラメラ構造を再配列して、不溶性の理想的なブロック構造を形成します。このようにセラミドは、内的には保湿力、外的には外部からの刺激防止を担う働きをします。 セラミドが不足すると このセラミドが不足すると、肌(皮膚)の保湿力が低下し水分が不足しはじめます。保湿力を失った肌は乾燥しやすくなりバリア機能が破壊され外的刺激から身体を守れない状態になります。さらにセラミドの機能が低下すれば、乾燥肌や敏感肌、さらにはアレルギー性疾患を誘発する可能性が高まるのです。 ですので、肌の内側からはセラミドの機能、ヒアル...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved