じんましん(蕁麻疹)の原因と治療

じんましん(蕁麻疹)の原因と治療

じんましんには、発作的、一時的に発症するものと、慢性的に発症するものがあります。これを一般的にアレルギー性と非アレルギー性と言いますが、ストレス社会に身をおく現代人の肌は内臓疾患も含め汚染されやすくなっているようです。「じんましん(蕁麻疹)の原因と治療」で、じんましんの原因を知り、適切な治療を行いましょう。

じんましん(蕁麻疹)の原因と治療一覧

じんましんとは
じんましんはどんな病気? じんましん(蕁麻疹)は、突然のかゆみに襲われ、体に膨疹という発疹が出来る皮膚疾患です。膨疹は一時的に発症する場合が多いのですが、稀に長期に及ぶものもありますので注意が必要です。 じんましん(蕁麻疹)には、急性じんましんと慢性じんましんとがあります。急性じんましんは数時間から数日で治癒することが多いのですが、慢性じんましんは症状が治まるまでに数ヶ月に及ぶこともあります。慢性じんましんのように、少し様子を見てもかゆみが一向に治まらず、症状が長期に及び生活に支障が出るくらいであれば直ぐ専門機関(病院など)を受診することをお勧めします。 じんましんの症状を知ろう じんましん(蕁麻疹)の症状は実に様々です。外見上判断できるものとして、直径数ミリ程度の小膨疹もあれば、アメーバ状の巨大膨疹もあります。また身体の一部に発症する場合もあれば、全身に発症する場合もあるのが特徴と言えますじんましん(蕁麻疹)の程度によっては内臓や気管支に発症することで命を落とすこともある位ですから、じんましん(蕁麻疹)を軽く見るようなことはせずに、十分な注意と対策を心がけましょう。 対処法ですが、も...
じんましんの症状(特徴)
じんましんの症状 じんましんの症状は様々です。 直径数ミリ程度の小膨疹もあれば、アメーバ状の巨大膨疹もあります。身体の一部に発症する場合もあれば、全身に発症する場合もあります。 じんましんの程度によっては内臓や気管支に発症することで命を落とすこともある位です。じんましんを軽く見る方もいますが、注意が必要です。 じんましんは肌(皮膚)を選びませんが、特に柔らかい箇所が膨れ上がる傾向にあります。じんましんが顔に発症すると、目蓋(まぶた)の上か口のまわりが膨れ上がることが多いです。 じんましんの補足 ご存じない方のためにじんましんとはどういう皮膚病か補足しておきますと、じんましんとは突然のかゆみに襲われ、体に膨疹という発疹が出来る皮膚疾患です。 膨疹は一時的な発症が多いのですが、たまに長期に及ぶものもあります。大きくは、急性じんましんと慢性じんましんに分類できます。 急性じんましんは数時間から数日で治癒することが多いのですが、慢性じんましんは数ヶ月に及ぶこともあります。 じんましんは、兎に角かゆみを伴いますので、長期に及び生活に支障が出るのであれば直ぐ専門医を受診することをお勧めします。 ...
じんましん(蕁麻疹)の原因
じんましん(蕁麻疹)の原因 じんましん(蕁麻疹)の原因は様々ですが、じんましん(蕁麻疹)の症例や特徴から見て、アレルギー性じんましん(蕁麻疹)と非アレルギー性じんましん(蕁麻疹)の2つに分類されます。一般的には、じんましん(蕁麻疹)はアレルギー性のものが多いと信じられていますが、実は非アレルギー性じんましんが多いと言えます。 アレルギー性じんましん(蕁麻疹)は、食品(食べ物)や服用する薬品類(化粧品なども含む)、身に付ける貴金属や衣類・下着の3つが主な原因とされており、一方の非アレルギー性じんましん(蕁麻疹)は、直接刺激(かきむしり)や日差し(日光)、暖房の長時間使用などが主な原因とされています。 じんましん(蕁麻疹)は、アレルギー性の有無に係わらず、これらの外的刺激が加わることで体内の肥満細胞が刺激され、肌(皮膚)表面にじんましん(蕁麻疹)となって現れるのです。じんましん(蕁麻疹)は、この他にも原因、誘発される原因は存在しますが、現代の医学をもってもじんましんの全容は明らかになっていないのが今の現状のようです。 じんましんの注意点 じんましんの症状(特徴)でも触れましたが、注意しなけ...
じんましん(蕁麻疹)対策と治療
じんましん(蕁麻疹)になったら じんましん(蕁麻疹)になってしまった、又はじんましん(蕁麻疹)の疑いがあるという場合でも、まずはそのまま様子を見ることをお勧めします。じんましん(蕁麻疹)になった場合は、「かゆみ」も短期(1日か数日)で治まる症例が殆どですので、もし、それでもじんましん(蕁麻疹)が治まらず、症状が長期(半月〜1ヶ月以上)にわたるようでしたら専門医を受診するようにしてください。 それでも、受診時になると症状が治まっているなんて場合も多数あります。その時は、受診を拒否せずに、じんましん(蕁麻疹)発症前に自分の行動を思い出し、接触したもの、摂取した食事などを細部に渡り専門医に伝えるようにしましょう。専門医はスクラッチテストで情報を整理し適切な治療法を提供してくれますので、忠実に従うようにしてください。 治療の基本 じんましん(蕁麻疹)治療の基本は、まずはじんましん(蕁麻疹)にとって疑わしい物質を避けること。初期のじんましん(蕁麻疹)が治まらず悪化してしまった場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用することになります。さらにじんましん(蕁麻疹)の症状が深刻であればステロイド剤...
じんましんの注意点
じんましんを軽く見ないこと じんましん(蕁麻疹)と言えど軽く見てはいけません。じんましん(蕁麻疹)の症状(特徴)でも触れましたが、もしも、内臓や気管支にじんましんが発症した場合、呼吸困難などで最悪死に至るということもあるのです。ほとんどの場合は少し様子を見ることで、かゆみも短期(1日か数日)で治まるものが殆どですが十分注意しましょう。 もし、様子を見ても長期に至りそうな場合、又は既に長期にわたりじんましん(蕁麻疹)が治癒しない場合は迷わず専門医を受診すべきです。病院でも言われると思いますが、じんましん(蕁麻疹)対策の基本は、じんましん(蕁麻疹)の膨疹(発疹)を直接かいたりしない事、刺激を与えない事です。 アレルギー性のじんましんの場合も 場合によってはアレルギー性のじんましん(蕁麻疹)ということも考えられます。もし、アレルギー性じんましんの疑いがあれば、疑わしい食物(食べ物)、薬品・化粧品の類を絶対に近づけない、使用しないことです。予防を講じた上で、冷静に対処していきましょう。 初期のじんましん(蕁麻疹)が治まらず悪化してしまった場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用することにな...
食事性じんましん
食事性じんましんの原因 食事性じんましんは、ヒスタミンを含む食事が原因とされます。 ヒスタミンは青ざかな(サバ・アジ・サンマなど)やさといもに多く含まれているので、食後じんましんが発症した場合は、一切摂取するのを止めましょう。 またヒスタミンを遊離させる食事も注意です。ヒスタミンを遊離させる食べ物に卵白やトマトがあります。ヒスタミンはかゆみのもととなりますので、遊離されることで誘発されるのです。 発症は数時間後の場合がほとんど。その時の体調で急性じんましんになることもあります。 慢性型?それとも急性型? 食事性じんましんは、慢性型ではなく、急性型じんましんの場合が多いと言われています。 ▼じんましん(蕁麻疹)には食事性じんましん(蕁麻疹)の他、下記のようなものもあります。 温感じんましん ・・・温かいものに触れると発症するじんましん 寒冷じんましん ・・・冷たいものに触れると発症するじんましん 機械性じんましん ・・・ベルトなどの機械的な擦れが原因のじんましん 接触じんましん ・・・接触したものや植物が原因のじんましん 薬剤性じんましん ・・・服用時、注射時に発症するじんましん 日光じ...
薬剤性じんましん
薬剤性じんましんとは 薬剤性じんましんは、薬を飲んだとき、注射などによる投薬時に発症する急性じんましんです。 薬剤アレルギーによるじんましんが大部分ですが、薬剤自体の刺激でじんましんになる場合もあります。 薬剤じんましんの原因は 薬剤じんましんの原因は、アスピリンやペニシリンなどがあります。投薬後、時間が経ってもじんましんが治癒しない場合もあります。その場合は再度専門医を受診してください。 人によっては、薬剤だけでなく香水などに反応する場合もありますので、原因特定は多岐で困難な場合もあるのです。 ▼じんましん(蕁麻疹)には薬剤性じんましん(蕁麻疹)の他、下記のようなものもあります。 温感じんましん ・・・温かいものに触れると発症するじんましん 寒冷じんましん ・・・冷たいものに触れると発症するじんましん 機械性じんましん ・・・ベルトなどの機械的な擦れが原因のじんましん 接触じんましん ・・・接触したものや植物が原因のじんましん 食事性じんましん ・・・ヒスタミンを含む食事が原因のじんましん 日光じんましん ・・・日光によるじんましん(蕁麻疹) コリン性じんましん ・・・運動後発症する...
接触じんましん
接触じんましんとは 接触じんましんは、接触した物や植物などにアレルギー反応を示すじんましんです。 接触じんましんの原因になる代表的な物質は下記のとおりです。 植物 ダニなどの微生物 昆虫 魚介類 接触してじんましんになるものにベルトや下着が原因になるじんましんがありますが、それは機械性じんましんと言われます。また、かゆい部分をひっかくことで人工的にできたじんましんを指すこともあります。 機械性じんましんも他のじんましんと基本的に同じ治療になり、抗アレルギー剤の内服を行います。重症の場合は短期的にステロイド剤を内服する場合もあります。 接触じんましんの治療法 接触じんましんも抗アレルギー剤を内服して治療するのが一般的ですが、重症の場合は同じようにステロイド剤の内服を検討する場合が出てきます。 ▼じんましん(蕁麻疹)には接触じんましん(蕁麻疹)の他、下記のようなものもあります。 温感じんましん ・・・温かいものに触れると発症するじんましん 寒冷じんましん ・・・冷たいものに触れると発症するじんましん 機械性じんましん ・・・ベルトなどの機械的な擦れが原因のじんましん 薬剤性じんましん ・・...
機械性じんましん
機械性じんましんとは 機械性じんましんは、身につける衣類やベルト、下着、下着のゴムと皮膚が機械的にこすれる刺激が原因で発症するじんましん(蕁麻疹)です。 かゆい部分をひっかくことで人工的に作ってしまったじんましん(蕁麻疹)も機械性じんましん(蕁麻疹)と言うこともあります。 機械性じんましんの治療 機械性じんましんも他のじんましん(蕁麻疹)と基本的に同じ治療になり、抗アレルギー剤の内服を行います。もしも重症に至ってしまった場合は短期的にステロイド剤を内服する場合が出てきますので、医師の診断に従うようにしてください。 ▼じんましん(蕁麻疹)には機械性じんましん(蕁麻疹)の他、下記のようなものもあります。 温感じんましん ・・・温かいものに触れると発症するじんましん 寒冷じんましん ・・・冷たいものに触れると発症するじんましん 接触じんましん ・・・接触したものや植物が原因のじんましん 薬剤性じんましん ・・・服用時、注射時に発症するじんましん 食事性じんましん ・・・ヒスタミンを含む食事が原因のじんましん 日光じんましん ・・・日光によるじんましん(蕁麻疹) コリン性じんましん ・・・運動...
温感じんましんと寒冷じんましん
温度、気温で発症するじんましん 温感じんましんと寒冷じんましんという病名があるように、温度、気温で発症するじんましんもあります。 温感じんましんは、温かいものに触れる時に発症するじんましんです。お風呂で身体が温まったときや暖房で身体が温まった時に発症する場合があります。 寒冷じんましんは、冷たいものに触れる時に発症するじんましんです。水風呂や冷たい水に触れたとき、寒く冷たい風にあたったときに発症する場合があります。 軽く見ると痛い目にあう この温感じんましんと寒冷じんましん。軽く見る声も多いようですが、時には失神状態に至るケースもあるようなので気をつけたいところです。 ▼じんましん(蕁麻疹)には温感じんましん(蕁麻疹)や寒冷じんましん(蕁麻疹)の他、下記のようなものもあります。 機械性じんましん ・・・ベルトなどの機械的な擦れが原因のじんましん 接触じんましん ・・・接触したものや植物が原因のじんましん 薬剤性じんましん ・・・服用時、注射時に発症するじんましん 食事性じんましん ・・・ヒスタミンを含む食事が原因のじんましん 日光じんましん ・・・日光によるじんましん(蕁麻疹) コリン...
心因性じんましん
心因性じんましんとは 心因性じんましんとは、ストレスによるじんましん(蕁麻疹)です。 実際のところ心因性じんましん(蕁麻疹)の原因は医学的に解明されておらず、主にストレスが原因と見られているじんましん(蕁麻疹)と整理されています。また、心因性じんましん(蕁麻疹)は、慢性的に起こるのが特徴です。 例えば、「この食べ物はきっと私には合わないに違いない!」という思い込みからも誘発される場合がありますので、気持ちの持ち方ひとつで心因性じんましん(蕁麻疹)の予防力も違ってくるでしょう。 出来るところから早めの対処 心因性じんましん(蕁麻疹)の原因究明は困難を極めますが、ストレスと疲労など、心あたりあるのでしたら出来る事から対処し、早期改善を心がけたいところです。 ▼じんましん(蕁麻疹)には心因性じんましん(蕁麻疹)の他、下記のようなものもあります。 機械性じんましん ・・・ベルトなどの機械的な擦れが原因のじんましん 接触じんましん ・・・接触したものや植物が原因のじんましん 薬剤性じんましん ・・・服用時、注射時に発症するじんましん 食事性じんましん ・・・ヒスタミンを含む食事が原因のじんましん...
その他のじんましん
いろいろな蕁麻疹(じんましん) じんましんには、食事性じんましん、薬剤性じんましん、接触じんましん、機械性じんましん、温感じんましん、寒冷じんましん以外にもあります。下記にその他のじんましんの一部を紹介します。 日光によるじんましん 温感じんましんとも一部重なりますが、日光を浴びた部分だけじんましんになる場合があります。これが日光によるじんましんです。日光刺激によりアレルゲン(抗原)が生成されアレルギー反応を引き起こします。 コリン性じんましん コリン性じんましんは運動後に発症するじんましんです。汗が出た箇所を中心にじんましんが発症し、ブツブツとチクチクする軽い痛みも伴います。汗の分泌に関わる物質コリンが強く影響していることからコリン性じんましんと言われます。 その他の蕁麻疹(じんましん) ■温感じんましんや寒冷じんましんなどはこちらから見れます。 温感じんましん ・・・温かいものに触れると発症するじんましん 寒冷じんましん ・・・冷たいものに触れると発症するじんましん 機械性じんましん ・・・ベルトなどの機械的な擦れが原因のじんましん 接触じんましん ・・・接触したものや植物が原因の...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved