アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎患者が増加しています。昔は子どもだけに見られたアトピー性皮膚炎も環境の変化でしょうか大人のアトピー性皮膚炎患者も増加しています。遺伝による先天性の強い皮膚疾患ですがその原因と正しい治療法を把握し適切に対応していきたいものです。

アトピー性皮膚炎一覧

アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎とは アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因をもった人に慢性的に「かゆみ」が発症する湿疹のことを言います。 アトピー素因は生まれつき、いわゆる遺伝(先天性)でもつことが多く、親のどちらかがアトピー素因を持っていた場合約60%の確立で発症するようです。仮に両親ともにアトピー素因を持っている場合には確立が80%にも上ると言われています。 アトピー素因とは アトピー素因とは空気中などにある異物が体内に侵入しようとする場合にアレルギー反応を起こしやすい物質を指し、このアトピー素因をもつ人の肌は、通常の皮膚に比べて脂肪が少なかったり、汗分泌がうまく機能していないなどの問題を抱えていることが多いようです。表面はざらざらすることも多く、乾燥肌になりやすいので注意する必要があります。 以前は、子どもの患者が多かったのですが、最近では大人になってから発症するケースも見られるようになりました。 アトピー性皮膚炎の症状 アトピー性皮膚炎の顕著な症状は「強度のかゆみ」です。その「かゆみ」はかなりしつこく、夜も眠れないほどのレベルに達することも珍しくはありません。あまりのかゆさについついかいてしまう...
アトピー性皮膚炎の症状(特徴)
アトピー性皮膚炎の症状 アトピー性皮膚炎の症状は何といっても「強度のかゆみ」です。その「かゆみ」はかなりしつこく、夜も眠れないほどのレベルに達することも珍しくはありません。あまりのかゆさについついかいてしまうのですが、これがかえって皮膚の防御機能の低下を招いてしまいます。その結果皮膚炎はさらに悪化してしまうのです。 湿疹とかゆみが長期にわたるのがアトピーの特徴であり、非常に悩ましい問題です。子ども(幼児)の場合は2ヶ月以上、少年〜成人の場合だと半年(6ヶ月)以上というケースもあります。各年代によって症状に違いが見られるのもこのアトピー性皮膚炎の特徴です。 幼児期の皮膚疾患 乳児期は新陳代謝が盛んで、湿疹が頻繁に出来やすいため直ぐアトピー性皮膚炎と判断するには難しいと言えます。 ですが、生後3ヶ月を過ぎた頃から顔や頭に赤みのある湿疹が出来始め、乳児が無意識にこすってしまうことで湿疹が悪化することがあります。またよだれが多い子の場合は口の周りがどうしても、かぶれたり、ただれたりする事も多く、それが体の他の部位に飛び火する場合がありますので、注意が必要です。 幼児期になると さらに成長し幼児...
アトピー性皮膚炎の原因
アトピー性皮膚炎は何が原因? アトピー性皮膚炎は何が原因で引き起こされるのでしょうか?他のトピック「アトピー性皮膚炎とは」で、アトピー性皮膚炎はアトピー素因を持っている人に発症すると言いました。 ▼アトピー性皮膚炎とはから一部引用 ------------------- アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因をもった人に慢性的にかゆみが発症する湿疹のことを言います。アトピー素因は生まれつき、いわゆる遺伝でもつことが多く、親のどちらかがアトピー素因を持っていた場合約60%の確立で発症するようです。仮に両親ともにアトピー素因を持っている場合には確立が80%にも上ると言われています。アトピー素因とは空気中などにある異物が体内に侵入しようとする場合にアレルギー反応を起こしやすい体質の人を指します。 --------------------------------------------- ですが実は、このアトピー素因をもっているだけでは皮膚炎は発症しないのです。ではどの時点でアトピー性皮膚炎になるかと言いますと、アレルギー反応を誘発する抗原(アレルゲン)が体内に侵入してきてはじめてアトピー(アトピ...
乳児期のアトピー性皮膚炎の症状
乳児期の注意点 乳児期は新陳代謝が盛んで、湿疹が頻繁に出来やすいため直ぐアトピー性皮膚炎と判断するには難しい時期と言えます。しかし、生後3ヶ月を過ぎた頃から顔や頭に赤みのある湿疹が出来始め、乳児が無意識にこすってしまうことで湿疹が悪化することがありますので注意が必要です。 また、よだれが多い子の場合は口の周りがどうしても、かぶれたり、ただれたりする事も多く、それが体の他の部位に飛び火する場合がありますので気をつけたいところです。 幼児期のお肌 乳児期から成長し、幼児期になるとお肌はどうなるでしょう?実は幼児期になると乳児期のような水分を多く含んだ湿疹が見られるケースは徐々に少なくなり、次第に肌が乾燥してきます。湿疹が出来やすい箇所としては、ひじの内側かひざの裏側が多いと言えます。 また、耳の裏側が痛む「耳切れ」も見られるようになります。この時期というのは、湿疹が繰り返しできる部分が硬くなる「苔癬化(たいせんか)」という症状が見られる特徴があります。 そもそもアトピーの原因は? そもそもアトピー性皮膚炎は何が原因で引き起こされるのでしょうか?他のトピック「アトピー性皮膚炎とは」で、アトピ...
幼児期のアトピー性皮膚炎の症状
幼児期のアトピー 幼児期になると、乳児期のような水分を多く含んだ湿疹が見られるケースは徐々に少なくなり、次第に肌が乾燥してきます。湿疹が出来やすい箇所としては、ひじの内側かひざの裏側が多いと言えます。また、耳の裏側が痛む「耳切れ」も見られるようになります。 この時期というのは、湿疹が繰り返しできる部分が硬くなる「苔癬化(たいせんか)」という症状が見られます。※苔癬化(たいせんか)という症状について皮膚が厚くなり、硬くてざらざらしえしている状態。 乳児期のアトピーは判断に困る? 補足ですが、新陳代謝が盛んなため乳児期には湿疹が頻繁に出来やすいため直ぐアトピー性皮膚炎と判断するには難しいと言えます。ですが、生後3ヶ月を過ぎた頃から顔や頭に赤みのある湿疹が出来始め、乳児が無意識にこすってしまうことで湿疹が悪化することがありますし、よだれが多い子の場合は口の周りがどうしても、かぶれたり、ただれたりする事も多く、それが体の他の部位に飛び火する場合がありますので、注意が必要になるでしょう。 アトピーの原因は そもそもアトピー性皮膚炎は何が原因で引き起こされるのでしょうか?他のトピック「アトピー性皮...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved