水虫

水虫

水虫はカビの一種である白癬菌が肌内部に感染し発症する皮膚疾患です。水虫は、治療をせず放置すると家族や身近な人にも感染する厄介な病気で、そこが水虫の大きな特徴でもあります。また水虫は趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪白癬に分類されます。「水虫」では、そのような水虫の形態に触れつつ、適切な対処法、対策術を詳細に解説いたします。

水虫一覧

水虫とは
水虫とは 水虫とは、カビ(真菌)の一種である白癬菌(はくせんきん)が肌(皮膚)の角質層に感染し発症する疾患です。 白癬菌は高温多湿環境を好むため足や足の指の間、手などを好み、夏の暑い時期に活動繁殖が盛んです。活動が活発になると、強いかゆみを伴うため、患部をかいたりしげきしたりすることで症状が悪化する場合があります。 さらに、水虫の原因である白癬菌は感染しますので、家族に水虫の方がいれば、カーペットやバスマットなどから感染しますので注意が必要です。 先ほども申し上げたように、水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)は、高温多湿環境を好み、季節では夏を好み、冬には活動が沈静化し患部のかゆみも次第に治まります。 現代人は水虫が好む環境にある 現代人は、仕事やプライベートで長時間、密閉性の高い靴やブーツを使用するので水虫になり易いと言えます。予防対策としは、靴の長時間使用に注意し、通気性の良い環境を維持する様心がけることが重要です。今では足の指どうしがピタッと接触しないための靴下も売られていますからそのような水虫対策グッズをうまく利用し、水虫が活動しにくい環境を維持するように心がけましょう。 皮...
水虫の症状
強いかゆみを伴う水虫 水虫は強いかゆみを伴います。あまり患部をかいたり刺激したりしないことが重要です。 水虫は、症状の違いにより大きく4種類に分類されます。 ?@趾間型(しかんがた) 趾間型(しかんがた)の水虫は、足の指の間に小さな水泡ができ、かゆみを伴います。次第に皮膚がポロポロはがれ出します。水分を多く含んだ水疱の場合、悪化するとあかぎれの様になり強い痛みを発することになるので注意が必要です。 ?A小水疱型 小水疱型の水虫は、足の裏や指、指の間に小さな水泡ができる水虫です。症例がもっとも多く、かゆみも強いことが特徴です。高温多湿環境を好むため、夏に多く発症し、冬は少し治まります。革靴の履きっぱなし、ブーツの長時間着用には注意が必要です。 ?B角質増殖型 角質増殖型は、水虫の慢性化した症状です。足裏やかかとが硬くなるなどの症状が特徴です。患部でのかゆみなどはほとんどありませんが、乾燥する冬の時期などでは、乾燥肌のようなひび割れに悩まされるでしょう。 ?C爪白癬(つめはくせん) 爪白癬とは、水虫の原因の白癬菌が爪(つめ)に感染し発症した症状です。爪が白く濁り、盛り上がるのが特徴です。症...
水虫の種類1(趾間型・小水疱型)
「水虫の症状」でも触れましたが、更に詳しく解説します。(趾間型・小水疱型) 趾間型(しかんがた)の水虫 趾間型(しかんがた)の水虫は、足の指の間に小さな水泡ができ、かゆみを伴います。次第に皮膚がポロポロはがれ出します。水分を多く含んだ水疱の場合、悪化するとあかぎれの様になり強い痛みを発することになるので注意が必要です。 小水疱型の水虫 小水疱型の水虫は、足の裏や指、指の間に小さな水泡ができる水虫です。症例がもっとも多く、かゆみも強いことが特徴です。 高温多湿環境を好むため、夏に多く発症し、冬は少し治まります。特に、革靴の履きっぱなし、ブーツの長時間着用には注意が必要です。 このように一日中機密性の高いブーツ等を履き続けていることで、女性の水虫が増加しているようです。もちろん、最も多いのが、彼氏や夫(旦那)から移されたケースになります。 性別による治療法の違いはありませんので、水虫の白癬菌の有無を皮膚科(病院)で確認のうえ状況に応じた適切な治療を行わなければなりません。 特に女性で、妊娠中や妊娠の疑いがある方の場合は、水虫だからといって内服薬の使用には十分注意が必要です。必ず皮膚科専門医...
水虫の種類2(角質増殖型・爪白癬)
「水虫の症状」でも触れましたが、。角質増殖型水虫と爪白癬について更に詳しく解説します。(角質増殖型・爪白癬) 角質増殖型 角質増殖型は、水虫の慢性化した症状です。足裏やかかとが硬くなるなどの症状が特徴です。 患部でのかゆみなどはほとんどありませんが、乾燥する冬の時期などでは、乾燥肌のようなひび割れに悩まされるでしょう。 爪白癬(つめはくせん) 爪白癬とは、水虫の原因の白癬菌が爪(つめ)に感染し発症した症状です。爪が白く濁り、盛り上がるのが特徴です。 症状が悪化した際は、爪が徐々にはがれ始めます。場合によっては、爪(つめ)の先端から剥がれてくる症例もあります。 水虫は、主に足の指、足の裏(うら)、足指の間、手、手指の間に発症しますが、高温多湿の箇所でなくても白癬菌が感染しやすい箇所というのがあります。 以外に多いのが爪(つめ)への水虫感染です。これは爪白癬と言われますが、透明感のある爪が感染することで白く濁る症状が現れます。一度は見られたことがあるかもしれません。この爪白癬の症状が悪化すると爪の先からはがれる様な現象も起きます。 爪白癬は皮膚にできる水虫よりも頑固な菌で、外用薬では完治し...
水虫の治療法と効く薬(塗り薬)
水虫の治療をする前に 水虫の治療を開始する前には、患部の症状が水虫の原因である白癬菌によるものかどうかの診断が必要になります。 最初に皮膚科(病院)を受診すると、患部の皮膚の一部をとり、まずは白癬菌の有無を確認します。ここで、白癬菌が存在することが判明してはじめて「水虫」と診断され、その後適切な処置が行われるのです。 治療は主に外用薬を使用し、その多くはイミダゾール系、チオカルバミン酸系の外用薬を患部に塗ることで処置され間もなく完治します。しかし、爪白癬や角質増殖型の水虫は外用薬では足らずテルビナフィンなどの内服薬を併用する場合もありますのでそれは状況によって違ってきます。 皮膚疾患には、ほかに水虫と似た症例もありますので、自分で安易に判断せず必ず専門医のアドバイスを受けるようにしましょう。 水虫がひどくなる前に 理想は、水虫がひどくなる前に予防することです。白癬菌に感染し「水虫」と診断されてからは完治までに時間と費用もかかります。水虫は適切に対応すれば予防できる皮膚疾患ですので、しっかり対処していきましょう。 まず、水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)は、高温多湿環境を好むことを理...
水虫の予防対策
白癬菌(はくせんきん) 水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)は、高温多湿環境を好みます。当然、季節では夏を好み、冬活動には沈静化し、その頃には患部のかゆみも治まります。 現代人は、仕事やプライベートで長時間、密閉性の高い靴やブーツを使用するので水虫になり易いと言えます。予防対策としは、靴の長時間使用に注意し、通気性の良い環境を維持する様心がけることが重要です。今では足の指どうしがピタッと接触しないための靴下も売られていますからそのような水虫対策グッズをうまく利用し、水虫が活動しやすい環境をつくらないよう心がけましょう。 白癬菌が感染しないように また、水虫の原因である白癬菌は感染します。家族に水虫の方がいれば感染しないように予防する必要があります。バスマットやカーペット等に付着した白癬菌から感染しますので、水虫が完治するまでの間は同じマット等を使用しないよう予防対策を行うべきです。 とにかく、水虫は強いかゆみを伴います。あまり患部をかいたり刺激したりしないことが重要です。症状の違いにより水虫は大きく4種類に分類されますので簡単にご紹介します。 ?@趾間型(しかんがた) 趾間型(しかん...
爪(つめ)の水虫・手の水虫
水虫の特徴 水虫は、主に足の指、足の裏(うら)、足指の間、手、手指の間に発症します。高温多湿の箇所、白癬菌が感染しやすい箇所に発症するのが水虫の特徴です。 以外に多いのが爪(つめ)への水虫感染です。爪白癬と言われますが、透明感のある爪が感染することで白く濁る症状が現れます。症状が悪化すると爪の先からはがれる様な現象も起きます。 爪白癬は皮膚にできる水虫よりも頑固な菌で、外用薬では完治しない場合もあります。その際、場合によっては内服薬を併用することになります。 水虫かどうかの判断は難しい? 水虫は、手と足にできる症状を指し、各々手白癬、足白癬と呼ばれます。ちなみに陰部周辺に発症するのが陰部白癬(いんきんたむし)、頭部に発症するのが頭部白癬(しらくも)、身体に発症するのが体部白癬(たむし)と言います。 とはいえ、水虫かどうかの判断は皮膚科等の病院に一度確認することをおすすめします。皮膚科等の病院を訪れ水虫の治療を開始する前には、必ず患部の症状が水虫の原因である白癬菌によるものかどうかの診断が必要になります。 最初に皮膚科(病院)を受診すると、患部の皮膚の一部をとり、まずは白癬菌の有無を確認...
子供(赤ちゃん)の水虫
子供の水虫 「子供や赤ちゃんが水虫になった」という話をよく聞きます。しかし、水虫の原因である白癬菌は高温多湿環境でしか繁殖しませんので、多くの場合、子供や赤ちゃんが水虫になるというのは考えにくいと言えます。 実は、水虫に似た症例で接触性皮膚炎という皮膚疾患があります。もしくは、水虫の白癬菌同様、カビ(真菌)の一種でカンジダ菌の疑いもありますので疑ってみる必要があります。大抵はどちらかのケースが大部分です。 もし不安であれば、皮膚科(病院)で白癬菌の有無を確認する必要があります。 家族に水虫の人がいると 家族に水虫の方がいる場合は、家の中で感染している可能性が高いのでどこかで感染していないか、確かめるようにしましょう。中でもバスマットやカーペットなどが最も白癬菌に感染しやすい場所ですから十分注意しなければなりません。 病院で診察してもらう場合についてご説明します。病院等で水虫の治療を開始する前には、患部の症状が本当に水虫の原因である白癬菌によるものかどうかの診断を行うことになります。 最初に皮膚科(病院)を受診すると、患部の皮膚の一部をとり、まずは白癬菌の有無を確認します。ここで、白癬菌...
女性の水虫・妊娠中の水虫
女性の水虫 女性の水虫が増加しているようです。彼氏、夫からうつされたケースがほとんどのようで、さらには、ビジネスウーマンがロングブーツの長時間着用するなど水虫が活発に活動しやすい環境をつくり出していることがそもそもの原因のようです。 水虫に性別による治療法の違いはありませんので、水虫の白癬菌の有無を皮膚科(病院)で確認のうえ適切な治療を心がけたいところです。 もし妊娠しているなら いま妊娠中の方や妊娠の疑いがある方が水虫になっている場合は、内服薬の使用に注意が必要です。必ず皮膚科専門医の指示に従ってください。産後、授乳期間も注意が必要です。 女性は彼氏や夫などからうつされるケースが多い事は前に触れましたが、生活用品の中でもバスマットやスリッパは特に感染しやすい場所ですので充分に注意しましょう。母親(女性)がうつされてしまうと、ますます産後、赤ちゃんへ感染する恐れが高まりますのでしっかりした予防と万が一感染した場合は早期完治を心がける必要があります。 病院では、水虫の治療を開始する前には、患部の症状が本当に水虫の原因である白癬菌によるものかどうかの診断を行います。最初に皮膚科(病院)を受...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved