接触皮膚炎

接触皮膚炎

接触皮膚炎とは一般的には「肌のかぶれ」を指します。その接触皮膚炎は、アレルギー性のものと、非アレルギー性のものがあり、それぞれ発症の原因と解決・治療法に違いがあります。単なる肌のかぶれで済まされれば良いのですが、症状が悪化し炎症を起こす場合がありますので気をつけましょう。「接触皮膚炎」では、接触皮膚炎の原因と治療法、予防法について解説します。

接触皮膚炎一覧

接触皮膚炎とは
接触皮膚炎とは 接触皮膚炎は一般に「かぶれ」と言われる皮膚疾患です。特定の物質が原因でかぶれた肌(皮膚)は、強いかゆみが起き炎症します。接触皮膚炎にはアレルギー性のものもり、アレルゲン(アレルギーの抗原)に接触から2〜3日後に皮膚に異常が見られる皮膚疾患です。これをアレルギー性接触皮膚炎と呼びます。アレルギー性接触皮膚炎は、ある種の原因物質が繰り返し皮膚に触れているうちに炎症を起こすもので、アレルギー体質の方に多く見られる傾向にあります。 接触皮膚炎の原因 接触皮膚炎を誘発する原因は様々です。誰でも起こりうる接触皮膚炎もあれば、特定の人だけ発症する接触皮膚炎があります。また、刺激性の高い物質、例えば酸やアルカリなどに肌(皮膚)が触れると誰でも接触皮膚炎になりますし、今申し上げたアレルギー体質のような特定の人だけ発症するアレルギー性の接触皮膚炎もあるのです。アレルゲン(アレルギーの抗原)は、薬品や化粧品などが多いので、自分で使用する化粧品類の含有成分は把握し、いつどこでそれを使用したかをメモしておくことで予防措置にもなります。 アレルギー性接触皮膚炎の原因 アレルギー性接触皮膚炎のアレル...
接触皮膚炎の症状(特徴)
接触皮膚炎の症状 接触皮膚炎になると、かぶれた肌の患部から強いかゆみが生じます。悪化した場合は、強いかゆみだけでなく、炎症することもありますので注意が必要です。刺激性の高い物質により発症した接触皮膚炎は仕方のない面もありますが、特定物質により発症するアレルギー性接触皮膚炎は、個人により炎症対策が違いますのでさらに治療法を探る必要があります。 肌(皮膚)の乾燥や、敏感肌、各種皮膚炎の長期化により、肌(皮膚)のバリア機能が低下した場合には、それまで使用していた化粧品の類でも接触皮膚炎(アレルギー性)が発症する場合もありますので、その使用には十分注意するようにしてください。 炎症が悪化すると 発症するとかゆくなり、患部が悪化することで肌(皮膚)が次第に赤みを帯びます。更に症状が進行すると炎症部分に水泡が出来ます。場合によっては該当箇所が壊死(えし)します。壊死(えし)とは、生体の一部の組織や細胞が死ぬことで例えば火傷をした部分などに生じる状態を言います。大抵皮膚炎の悪化は、強いかゆみが我慢できずに患部をかきむしってしまう事が引きがねになりますので、まずは患部を掻かないこと、掻かない工夫をする...
接触皮膚炎の原因
接触皮膚炎の原因 接触皮膚炎の原因は様々です。刺激物の高い物質に触れれば、特に皮膚疾患のない方、肌の弱っていない方においても接触皮膚炎は発症しますので、この場では接触皮膚炎でもアレルギー性接触皮膚炎の原因について解説させていただきたいと思います。アレルギー性接触皮膚炎の原因は主に下記の5つと考えられています。 ▼アレルギー性皮膚炎の主な原因 身に付けるめがね・貴金属による摩擦 植物によるかぶれ 洗剤・化粧品などによる刺激性物質 衣類・下着による摩擦 文房具等(接着剤や靴磨きクリーム等) 毎日の生活チェック こう見てみると、やはり自分の身に直接まとうものが主な要因であることがわかります。これまで問題なく使用していた化粧品などでも、肌のバリア機能低下により接触皮膚炎を発症する場合もありますし、突然貴金属類にアレルギー反応を示す場合もありますので、毎日の生活チェックが接触皮膚炎対策には非常に重要となります。 アレルギー性接触皮膚炎の治療法としては、まず原因物質を究明することからはじまります。アレルギー性接触皮膚炎の原因物質が判明すると、最初に行うのはまずその原因物質を自分から遠ざけることが重...
接触皮膚炎の治療方法
接触皮膚炎が発症したなら 接触皮膚炎が発症した場合は、勝手に判断せずに専門医に診てもらうようにしましょう。なぜならば、アレルギー性接触皮膚炎は、時間が経って発症する場合が多いので特に原因の特定が困難な皮膚疾患だからです。 病院で診察してもらう場合、専門医はパッチ検査を行いアレルギー性物質の特定を行います。このアレルギーの原因が何なのかを知ることで接触皮膚炎の治療がスムーズに行きます。安易に市販の薬品に手を出したりせず適切な処置が必要です。 アレルゲンを放っておくと アレルゲン(アレルギーの抗原)を放っておくと完治まで長期化することがあります。もし、自分でアレルゲンが特定できれば、とにかく、その物質には一切触れないでおくこと、これが接触皮膚炎の基本治療となります。あなたが病院の診察を受けたならば、処置(治療)として肌(皮膚)の表面にステロイドなどを塗るか、内服薬として抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の使用をすすめられます。医師の指示を忠実に守るようにしましょう。 まとめとして、接触皮膚炎患者が注意点を上げておきます。要点は2つ。 勝手な判断をせず専門医を受診すること 原因物質が特定された場...
接触皮膚炎の注意点
接触皮膚炎の注意点 接触皮膚炎の注意点は以下の2つです。 勝手な判断をせず専門医を受診すること 原因物質が特定された場合は一切触れない 専門医を受診した場合には恐らくパッチテストを受けるでしょう。診察した医師は患者から多くの情報を引き出し発症した発症源を特定します。アレルギー性接触皮膚炎の原因が特定されれば、治療方法は非常に明確に具体的になる為、この原因物質の特定というのが最優先事項となるのです。 原因物質が特定されたなら 原因物質が特定されたあとは、とにかくその物質を自分の回り方遠ざけることです。どんなことがあっても一切触れてはいけません。そのくらい強く心に命じましょう。接触皮膚炎の症状を軽く考え、再度同じ物質と接触すれば高い確率で炎症を誘発します。接触皮膚炎が長期に及べば、益々完治しづらくなりますし、症状を沈静化するだけで大変でしょう。専門医の診断結果を真摯にうけとめ、指示を忠実に守るようにしましょう。 しかし、多くの方は原因に気づきません。というより、気づきづらい接触皮膚炎ならではの特徴があります。刺激性接触皮膚炎の場合は比較的原因物質を特定しやすいのですが、アレルギー性接触皮膚...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved