光線過敏症

光線過敏症

光線過敏症は日光が肌に照射されることにより発症し、照射された箇所だけに湿疹が出きるという特徴があります。「光線過敏症」では、光線過敏症の症状や特徴、症状を引き起こす原因、さらに適切な対策法、治療法を詳細な注意点をまじえて解説いたします。

光線過敏症一覧

光線過敏症とは
光線過敏症って何? 光線過敏症は、日光が肌に照射されることで発症する湿疹やじんましんです。 光線過敏症には、日光が肌に照射されることが直接原因になる場合と照射時に投与、内服していた薬剤や特定物質が光の照射で化学変化を起こしアレルギー反応が出る場合の間接原因があります。 光線過敏症の一種、光接触皮膚炎は、何か特定の物質が肌に触れ、その物質が光の照射でアレルギー反応を引き起こす原因物質に化学反応することで発症するものです。 もうひとつの光線過敏症 もう一つの光線過敏症、光過敏症薬疹は、投与・服用していた薬剤に照射された光が化学変化を起こし、体内でアレルゲンを生成しアレルギー反応となり発症するものです。なお、発症原因が不明なものに、多形日光疹、日光じんましんなどがあります。 光線過敏症の治療・予防の基本は、日光(光線)の照射を避けるよう工夫することです。 原因を特定できない場合、症状が重い場合は直ぐ専門医を受診しましょう。 受診すると光線過敏症の原因と原因物質(アレルゲン)の特定を行うため、テスト診断を行います。光過敏症薬疹や光接触皮膚炎の原因物質を特定し、特定物質を出来る限り除去することに...
光線過敏症の症状(特徴)
光線過敏症の特徴 光線過敏症は、光が照射された箇所だけに湿疹やじんましんが発症するのが特徴で、中でも光を遮断する事で湿疹やじんましんが治まる光線過敏症を日光じんましんと分類します。 光線過敏症の症状は様々で、小さな発疹、大きな発疹、紅斑点、水泡などが出現します。大部分の方はまず小さなボツボツした湿疹が発症するようです。 光線過敏症の一種、日光じんましんは光が照射された箇所だけ発症し、日陰に入ると治まるのが特徴です。一方、多形日光疹は、光の照射を受け2〜3日後に発症する事が特徴で様々な種類の発疹やじんましんが発症します。 誘発原因は何? 光線過敏症は、日光(光線)が直接の誘発原因ですが、発症事例は様々です。発症の原因は大きく以下の3つに分類されます。 肌に接触した物質が日光(光線)と科学反応を起こす場合 投与・服用中の薬剤と日光(光線)が化学反応を起こす場合 照射される日光(光線)自体が原因となる場合 中には原因不明のものもありますが、概ね3種類に分類されます。とにかく、光線過敏症の疑いがある場合は、まず日光(光線)を避ける工夫が必要です。 光線過敏症の治療 光線過敏症の治療・予防の基本...
光線過敏症の原因
光線過敏症の発症事例 光線過敏症は、日光(光線)が直接の誘発原因ですが、発症事例は様々です。発症の原因は大きく以下の3つに分類されます。 肌に接触した物質が日光(光線)と科学反応を起こす場合 投与・服用中の薬剤と日光(光線)が化学反応を起こす場合 照射される日光(光線)自体が原因となる場合 中には原因不明のものもありますが、概ね3種類に分類されます。とにかく、光線過敏症の疑いがある場合は、まず日光(光線)を避ける工夫が必要です。 発見しやすい皮膚疾患 光線過敏症は、光が照射された箇所だけに湿疹やじんましんが発症するのが特徴ですので非常に発見しやすい皮膚疾患です。中でも光を遮断する事で湿疹やじんましんが治まる光線過敏症を日光じんましんと分類したりします。 光線過敏症の症状は様々で、小さな発疹、大きな発疹、紅斑点、水泡などが出現します。大部分の方はまず小さなボツボツした湿疹が発症するようです。一方、多形日光疹は、光の照射を受け2〜3日後に発症する事が特徴で様々な種類の発疹やじんましんが発症するものを指します。 少しでも光線過敏症の疑いがある場合は、専門医を受診することをおすすめします。 自...
光線過敏症の治療
治療の基本 光線過敏症の治療・予防の基本は、日光(光線)の照射を避けるよう工夫することです。 原因を特定できない場合、症状が重い場合は直ぐ専門医を受診しましょう。 受診すると光線過敏症の原因と原因物質(アレルゲン)の特定を行うため、テスト診断を行います。光過敏症薬疹や光接触皮膚炎の原因物質を特定し、特定物質を出来る限り除去することに努めます。 光線過敏症を抑えるには、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の服用、場合によってはステロイドの外用薬を併用します。 光線過敏症の原因 光線過敏症の原因には、肌に接触した物質が日光(光線)と科学反応を起こす場合、投与・服用中の薬剤と日光(光線)が化学反応を起こす場合、照射される日光(光線)自体が原因となる場合の3タイプに分類され、中には原因不明のものもありますが、この概ね3種類に分類されます。 原因不明のものも含まれている事から、少しでも光線過敏症の疑いがある場合は、まず日光(光線)を避ける工夫が必要です。 簡単にできる予防と対策 自分で出来る基本治療(予防)は、完全に治癒するまで日光(光線)を避けることくらいですが、だからと言って、一日中家の中にこもり...
光線過敏症の注意点
光線過敏症の疑いがあるなら 光線過敏症の疑いがある場合、専門医を受診することをおすすめします。 自分で出来る基本治療(予防)は、完全に治癒するまで日光(光線)を避けることですが、だからと言って、一日中家の中にこもりきりになっても精神衛生上良くありません。 外に出かける場合は、必ず日傘、手袋などを身につけ、お車で出かける場合は、日光を遮断するようなフィルターを貼るなどの工夫も必要になるでしょう。 まずはあせらず光線過敏症の原因物質の特定を急ぎ、適切な処置を心がける必要があります。 光線過敏症の特徴 光線過敏症は、光が照射された箇所だけに湿疹やじんましんが発症するのが特徴で、中でも光を遮断する事で湿疹やじんましんが治まる光線過敏症を日光じんましんと分類されています。 光線過敏症の症状は様々で、小さな発疹、大きな発疹、紅斑点、水泡などが出現します。大部分の方はまず小さなボツボツした湿疹が発症するようです。 原因を分類 また光線過敏症発症の原因をケース別に大きく以下の3つに分類されます。 肌に接触した物質が日光(光線)と科学反応を起こす場合 投与・服用中の薬剤と日光(光線)が化学反応を起こす場...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved