貨幣状湿疹

貨幣状湿疹

貨幣状湿疹は10円玉ほどの大きな湿疹で見分けやすいのが特徴ですが、意外にその治療法は知られておらず、直接触れたり、かきむしったりすることで悪化し2次疾患を誘発してしまいます。「貨幣状湿疹」では、貨幣状湿疹の症状、原因、治療法を詳細に解説します。

貨幣状湿疹一覧

貨幣状湿疹とは
貨幣状湿疹とは 貨幣状湿疹は、湿疹の境界線がはっきりしているので診断しやすい皮膚疾患です。アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎の一部が貨幣状湿疹になる場合もありますのでその点においては診断の難しい面もあります。 貨幣状湿疹は、発症箇所をかくことで湿疹が拡大し、悪化します。悪化すると小さなブツブツ(湿疹)が広がり、場合によっては体全体に広がることもあるのです。しかし他人に感染することはありませんのでその点においては安心です。 原因は何? 肌の乾燥で誘発され、刺激物になる薬品・化粧品・身につける貴金属などが原因と言われていますが、はっきりしたことは実は分かっていないのが現状です。 湿疹部分は少し水分を含んだ水泡状の場合が多く、びらんやかさぶたが見られるのが特徴です。患部が数ミリから5cmにも及ぶ貨幣状湿疹は、主に足ひざ下のすね部分に出来ることが多い傾向にあります。 貨幣状湿疹の治療法 なお、貨幣状湿疹の治療は、専門医を受診し適切な治療法のもと、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用するのが基本となります。 もっとも貨幣状湿疹は症状をそれ以上拡大させないことが重要になります。貨幣状湿疹は、大きさ(サイ...
貨幣状湿疹の症状(特徴)
貨幣状湿疹の症状 貨幣状湿疹は、強いかゆみを伴います。 貨幣状湿疹が発症すると10円玉状の境界が明確な赤みを帯びた湿疹が出来ます。 かゆさのあまり湿疹箇所をかいてしまうと、悪化し二次感染を誘発し、場合によっては身体全体に波及することもあります。しかしその場合でも他人に感染することはありませんのでその点においては安心です。 どんな特徴があるの? 湿疹は少し水分を含んだ水泡状の場合が多く、びらんやかさぶたが見られるのが特徴です。患部が数ミリから5cmにも及ぶ貨幣状湿疹は、主に足ひざ下のすね部分に出来ることが多い傾向にあります。 貨幣状湿疹は、湿疹の境界線がはっきりしているので比較的診断しやすい皮膚疾患のひとつです。アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎の一部が貨幣状湿疹になる場合もありますので、診断は困難な側面もあります。 貨幣状湿疹の治療法 貨幣状湿疹の治療は、専門医を受診し適切な治療法のもと、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用するのが基本となります。 もっとも貨幣状湿疹は症状をそれ以上拡大させないことが重要になります。貨幣状湿疹は、大きさ(サイズ)、形状で確認しやすく、色も赤いので分かりやすい...
貨幣状湿疹の原因
貨幣状湿疹の原因は 貨幣状湿疹は、肌の乾燥、体の乾燥から誘発され発症するようです。 だからと言って原因は、肌(体)の乾燥だけに限定されるわけではなく実際はもっと多岐にわたります。正直なところ現代の医学でも解明されていないのが現状です。 肌の乾燥以外の原因は 肌(体)の乾燥以外による原因は、下記の3つが代表的です。 化粧品や洗剤等の価額刺激物質 貴金属類 細菌類・感染症 貨幣状湿疹の症状・原因は特別固有のものではなく、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎とも一部関係しているようですので、きになる場合は専門医療機関を受診するようにしてください。 病院での治療 病院での貨幣状湿疹の治療は、専門医の適切な指示のもと、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用するのが基本となります。 もっとも貨幣状湿疹は症状をそれ以上拡大させないことが重要になります。貨幣状湿疹は、大きさ(サイズ)、形状で確認しやすく、色も赤いので分かりやすいと言えますが、とにかく患部をかかないこと。非常に当たり前なのですが、かかないことが貨幣状湿疹の最大の予防薬と言えます。 稀に専門医が処方する抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用しても治癒...
貨幣状湿疹の治療
貨幣状湿疹の治療 貨幣状湿疹の治療は、専門医を受診し適切な治療法のもと、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用するのが基本となります。 もっとも貨幣状湿疹は症状をそれ以上拡大させないことが重要になります。貨幣状湿疹は、大きさ(サイズ)、形状で確認しやすく、色も赤いので分かりやすいと言えます。とにかく患部をかいたり、刺激したりしない事。非常に簡単なことですが、かかないことが貨幣状湿疹の最大の予防薬となります。 専門医が処方する抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用しても治癒しない場合があります。そんな時は、外用薬としてステロイド剤を使用することもあります。 重症の場合はどうする 症状が重度の場合は、さらにステロイド剤を服用したり、場合によっては入院による集中治療も必要になります。 貨幣状湿疹は、無意識に触れたりかくことで更に症状が悪化する場合があります。再度申し上げますが、貨幣状湿疹が発症した場合は、とにかく患部を直接触れたりかいたりしないこと。これが基本になります。悪化した場合などは完治まで長期に及ぶこともあるので注意が必要です。 ここで貨幣状湿疹の対策方法を整理しておきますと、下記の3つ...
貨幣状湿疹の注意点
発症した場合の注意点 貨幣状湿疹を発症した場合の注意点と予防について解説します。 貨幣状湿疹を発症した場合、とにかく患部を直接触れたりかいたりしないこと。これが基本になります。無意識に触れたりかくことで更に症状が悪化する場合があります。場合によっては完治まで長期に及ぶこともあるので注意が必要です。 具体的な対策は下記の3つが代表例です。 貨幣状湿疹の疑いがある場合はすぐ専門医を受診 暖房の長時間をやめ適温を維持(空調管理) 直接触れること、かくことを禁止 大きさ(サイズ)、形状、赤みを帯びた色で比較的見分けやすい皮膚炎です。疑わしい時は、病院を受診するなどすぐ対策を講じましょう。 病院で治療するときは 病院での貨幣状湿疹の治療は、専門医の適切な指示のもと、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用するのが基本となります。 もっとも貨幣状湿疹は症状をそれ以上拡大させないことが重要になります。貨幣状湿疹は、大きさ(サイズ)、形状で確認しやすく、色も赤いので分かりやすいと言えますが、とにかく患部をかかないこと。非常に当たり前なのですが、かかないことが貨幣状湿疹の最大の予防薬と言えるでしょう。 専門...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved