あせも(汗疹)対策

あせも(汗疹)対策

あせも(汗疹)は、汗のかきすぎにより汗代謝や皮脂代謝が強引に抑制された結果ひき起こる皮膚の病気です。でも、汗疹は皮膚疾患の中でも比較的軽めの症状で予防と適切な対策さえ行えばほとんどの場合短期に完治するといっても良いでしょう。しかし、汗疹を放置し誤った対策を行えば2次感染が誘発されるなどいくつかの注意点もあります。「あせも(汗疹)」では、あせも(汗疹)の症状や原因、治療するにあたっての注意点などを詳しく解説いたします。

あせも(汗疹)対策一覧

汗疹(あせも)とは
あせも(汗疹)とは 汗疹(あせも)とは、汗のかき過ぎにより、汗が排出される汗管が詰まる事により発症する湿疹を指します。汗疹は、あせもと呼ばれていることで知られていますが、正式には「汗疹=かんしん」と呼びます。 汗疹(あせも)の原因は汗の量だけでなく、肌に付着する汗に含まれる細菌や汚れ、日焼けなどが原因になる場合があります。 当然、新陳代謝の盛んな幼児が汗疹(あせも)になりやすいと言えます。まず汗疹の発症を予防するためには、まめに身体の汗をふき取ることが必要です。あまり汗をかくようであれば、シャワーを浴びたりすることも必要でしょう。 あせも(汗疹)を分類 汗疹(あせも)は、肌(皮膚)の位置(深さ)と発症形態により、水晶様汗腺、紅色汗疹、深在性汗疹の3つに分類されます。 水晶様汗腺とは 水晶様汗腺は、肌の表面に汗が付着することで発症し、白いブツブツができ、あまりかゆみを伴わないことが特徴です。 紅色汗疹とは 次に紅色汗疹と言われるものですが、所謂一般的に言う汗疹(あせも)を指します。文字どおり紅色をした湿疹が発症し、かゆみを伴います。子供に発症する汗疹(あせも)はまさにこの紅色汗疹が多いと...
汗疹(あせも)の症状(特徴)
あせも(汗疹)の特徴 汗疹(あせも)は、汗量の多い夏場に発症します。多量の汗により体内の汗がうまく排出されず汗腺内の汗管がつまることで発症します。 あせも(汗疹)を分類 汗疹(あせも)は、肌(皮膚)の位置(深さ)と発症形態により3つに分類されます。 水晶様汗腺 肌の表面に汗が付着することで発症する水晶様汗腺は、白いブツブツができ、あまりかゆみを伴いません。 紅色汗疹 次に紅色汗疹と言われるものですが、所謂汗疹(あせも)です。文字どおり紅色をした湿疹が発症し、かゆみを伴います。 深在性汗疹 最後に深在性汗疹ですが、肌の深層で発症し、青白く平らな形状の湿疹が発症します。これは日本国内ではあまり事例がないと言われています。 とはいえ、汗疹(あせも)は適切に処置すれば無理なく治ってしまう軽めの肌疾患です。多量の汗をかく新陳代謝の活発な幼児・児童などの場合は、親がマメに汗をふき取って上げるなど汗疹(あせも)予防をすることで状況はずいぶん良くなります。 治療の基本 とにかく汗疹の治療法の基本は、汗量を減少させるために身体を涼しく保つことです。汗量の多い夏場は、頻繁に汗をふき取り、お風呂も毎日入るこ...
汗疹(あせも)の原因
あせも(汗疹)の原因 汗疹(あせも)の原因は、多量の発汗で体内のエクリン汗腺から対外へ汗を排出する汗管を詰まらせることです。 汗疹(あせも)は、汗の量だけでなく、たまたま肌に付着していた汚れや細菌、日焼け部分などが汗と混ざり合い、複雑な化学変化を起こすことが原因となる場合もあります。基本的に夏場などに多量の汗をかくことが誘発原因となるケースがほとんどです。 幼児や児童の場合の注意 新陳代謝の活発な幼児や児童の場合は、親がマメに汗をふき取ってあげる作業が大切になります。汗をふき取る際は、あまり肌をこすらずやさしく吸い取るようにふきあげてください。 あまり汗をかくようであれば、昼間シャワーを浴びるなどして全身を清潔に保つなどの工夫も必要になるでしょう。 あせも(汗疹)の発症形態別に分類 汗疹(あせも)は、肌(皮膚)の位置(深さ)と発症形態により、水晶様汗腺、紅色汗疹、深在性汗疹の3つに分類されます。 水晶様汗腺とは 水晶様汗腺は、肌の表面に汗が付着することで発症し、白いブツブツができ、あまりかゆみを伴わないことが特徴です。 紅色汗疹とは 次に紅色汗疹と言われるものですが、所謂一般的に言う汗...
汗疹(あせも)の治療法
あせも(汗疹)の処置 汗疹(あせも)は、適切な処置でほとんど治ってしまう肌疾患です。多量の汗をかく新陳代謝の活発な幼児・児童などの場合は、親がマメに汗をふき取って上げるなど汗疹(あせも)予防をすることで状況はずいぶん良くなります。汗疹の治療法の基本は、汗量を減少させるために身体を涼しく保つことです。汗量の多い夏場は、頻繁に汗をふき取り、お風呂も毎日入ることが大切です。入浴後汗をかき過ぎないようにぬるめのお湯に入ることをおすすめします。 改善しない場合は このような生活改善であせも(汗疹)が全く改善しなければかゆみ止めとしての抗ヒスタミン剤(ジェフェンヒドラミン)やとびひ等の感染症を防ぐ抗炎症剤(グリチルレチン酸)、抗菌剤(イソプロピルチルフェノール)を使用すると良いでしょう。 さらに、湿疹を伴うなどの理由により汗疹(あせも)のかゆみが強いときは、皮膚科専門医師の判断の元、ステロイド系の外用薬を使用する場合がありますが、皮膚呼吸の観点からすると薬剤の使いすぎは逆効果ですので注意ししなければなりません。もし、これら以上に症状がひどく、自分では判断できない場合は専門の皮膚科にご相談することを...
汗疹(あせも)の注意点
簡単に治る? 汗疹(あせも)は、予防と対策で治癒してしまう、皮膚疾患の中でも軽めの症状です。 しかし、かゆい汗疹患部をかくことで二次感染する場合もあります。汗疹(あせも)発症時には身体を涼しく保つ工夫をし、逐次汗をタオルでふき取るなど心がけてください。 以前、天花粉(てんかふん)のようなパウダーをお風呂上りに塗っていましたが、逆に汗がたまったりするので不潔になり細菌を増殖されるということで今では危険視されています。 あせも(汗疹)のかゆみが気になるときは 汗疹(あせも)によるかゆみが気になるときには、抗生剤配合の軟膏などを使用されると良いです。ただし皮膚呼吸の観点で言うと過度の使用にはご注意ください。 なお、多量の汗をかく新陳代謝の活発な幼児・児童などの場合は、親がマメに汗をふき取って上げるなど汗疹(あせも)予防をすることで状況はずいぶん良くなります。汗疹の治療法の基本は、汗量を減少させるために身体を涼しく保つことです。汗量の多い夏場は、頻繁に汗をふき取り、お風呂も毎日入ることがです。入浴後、汗をかき過ぎないようにぬるめのお湯に入ることをおすすめします。 それでも改善しなければ このよ...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved