薬疹の症状と治療

薬疹の症状と治療

薬疹は、薬の投与や服用によりアレルギー反応が誘発される皮膚疾患です。アレルギー物質の潜伏期間が長いものになると数ヶ月にも及ぶので薬疹の原因であるアレルゲンを特定するのは少々大変です。「薬疹の症状と治療」では薬疹の基礎知識から、治療法や対処法について解説いたします。

薬疹の症状と治療一覧

薬疹(やくしん)とは
薬疹とは 薬疹とは、薬の投与、服用などで発症するアレルギー反応です。注射の使用が原因で発症する場合があります。アレルギー性と非アレルギー性の原因がありますが、多くの場合はアレルギーによるものです。 薬の投与(服用)後、直ぐ発症するのは稀で、発症するまで数日から数ヶ月かかる場合もあるので、どの薬が薬疹の直接原因か特定するのが非常に困難です。 薬疹(やくしん)になる薬とは 薬疹になる薬は、人によって様々ですので、良い薬、悪い薬、薬疹になる薬、薬疹にならない薬など、簡単に分類することは困難です。 また、別の薬剤でも一度ある薬剤で薬疹を起こした人が、その薬剤の化学構造式に共通部分があるということで、薬疹の症状が現れることもあります。これを交差反応と呼びます。 薬疹発症の際は、皮膚科や救急部のある病院、救急センターなど専門医受診を視野に入れた治療が最適でしょう。 症状が重度の場合は 手術の必要性はないのですが、もし薬疹が重度の場合は、入院も視野に入れた集中治療が必要になります。さらにケースにより薬物治療を行う場合もありますが、急性薬疹の場合や合併症の発症を予防する為などその目的は限られています。...
薬疹(やくしん)の症状(特徴)
薬疹(やくしん)になると・・・ 薬疹の症状は、広範多岐にわたるのが特徴です。 薬の影響で薬疹になると、全身に発疹が発症する人、一部に発症する人、大きな紅斑が出来る人、じんましんになる人、一部の肌色素が紫に変化する人など本当に様々です。 じんましんなどの皮膚疾患と違うのは、重病例が比較的多いこと。TEN型といって、中毒性表皮壊死症という命に関わる重症になるケースもあります。 薬疹は肌(皮膚)だけでなく、粘膜に発症するのも特徴です。のどや尿道にも痛みが伴うようであれば薬疹の可能性があります。症状・程度は実に多岐に渡ります。命を落とす危険性もはらんでいますので注意が必要です。 薬疹(やくしん)の治療は 薬疹の治療は、アレルギー反応の原因であるアレルゲン(アレルギー物質の薬)が何であるかを特定することから始めます。 病院を受診した際には、アレルギー物資を特定する為、まずパッチテストを実施することになります。場合によっては、血液検査も併用する場合がありますし、併用型が一般的に多いと言えます。 薬疹の原因物質が特定されたなら、その物質を投与(服用)しないようにするのが薬疹治療の基本です。大部分は投...
薬疹(やくしん)の原因
薬疹(やくしん)の原因は 薬疹の発症原因は、身体に投与(服用)された薬である事は用意に想像つくでしょう。 しかし、薬投与後、即時に発症するわけではなく、数日後〜数週間後に発症する事のほうが多いため意外に原因(アレルゲン)を特定するのが難しいとされています。 薬疹は他の皮膚疾患(じんましんなど)に比べ重症に陥るケースも少なくないので、少しでも疑いのある場合はすぐにでも専門医を受診することをお勧めします。 専門医を受診した場合には、アレルギー物資である薬疹の原因を特定するパッチテストを行います。原因特定が済めば適切な治療法に従うよう心がけましょう。 薬疹(やくしん)の症状は 薬疹の症状は、本当に広範多岐にわたるのが特徴です。 薬の影響で薬疹になると、全身に発疹が発症する人、一部に発症する人、大きな紅斑が出来る人、じんましんになる人、一部の肌色素が紫に変化する人など実に様々です。 じんましんなどの皮膚疾患と違うのは、重病例が比較的多いこと。TEN型といって、中毒性表皮壊死症という命に関わる重症になるケースもあります。 薬疹は肌(皮膚)だけでなく、粘膜に発症するのも特徴です。のどや尿道にも痛み...
薬疹(やくしん)の治療
薬疹(やくしん)の治療は 薬疹の治療は、アレルギー反応の原因であるアレルゲン(アレルギー物質の薬)が何であるかを特定することです。 専門医を受診した際には、アレルギー物資を特定する為、まずパッチテストを実施することになります。或いは、血液検査も併用する場合が多いと言えます。 薬疹の原因物質が特定されたなら、その物質を投与(服用)しないようにするのが薬疹治療の基本です。大部分は投与(服用)を避けるだけで治癒されるようです。 アレルゲンの特定 薬疹のアレルゲン(原因物質)を特定するのに、場合によっては検査薬(アレルゲンの可能性のある薬)を数種類、少量、投与(服用)し検証することも行われています。 検査法・治療法は専門医の判断に寄りますが、アレルゲンを特定することが最大の課題です。 実に薬疹のアレルギー反応は、軽症から重症まで、広範多岐にわたります。残念なことに、比較的重症患者が多いのが薬疹の特徴でもあります。 薬疹の疑いがある場合は、とにかく直ぐにでも専門医を受診しましょう。パッチテスト、血液検査後は、適切な処置により治癒までの期間も短期で済みます。 また、薬疹は日ごろの管理、つまり薬の管...
薬疹(やくしん)の注意点
薬疹(やくしん)のアレルギー反応 薬疹のアレルギー反応は、軽症から重症まで、広範多岐にわたります。比較的重症患者が多いのが特徴でもあります。 薬疹の疑いがある場合は、直ぐ専門医を受診しましょう。パッチテストや血液検査など適切な処置により治癒までの期間も短期で済みます。 また、薬疹は日ごろの管理、つまり薬の管理により予防できますので、投薬(服用)時のデータをノートで管理する事がとても有効になります。データ管理をしつつ、専門医、薬局もなるべく毎回同じところを利用すれば診療データも残っているので、一貫した治療が受けられるメリットも引き出せるでしょう。 むやみな治療、薬の服用は避ける 当然のことですが、むやみな薬の服用を避け、専門医との連携で薬疹予防を心がける必要があります。 薬疹の治療は、アレルギー反応の原因であるアレルゲン(アレルギー物質の薬)が何であるかをまずは特定することから始めます。 専門医を受診した際、アレルギー物資を特定する為、最初に行うのがパッチテストです。場合によっては、血液検査も併用する場合があり、比較的多い組み合わせと言えます。 薬疹の原因物質が特定されたなら、その物質を...

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効果的なビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright © 2006 乾燥肌対策とかゆみ改善法. All rights reserved