保湿剤を選ぶ注意点

乾燥肌の仕組み

保湿剤を選ぶ注意点

保湿剤を選ぶ時の注意点

保湿剤を選ぶ際の注意点について解説します。


肌が乾燥する場合、また肌が乾燥し始める時、予防として保湿剤を選びますが、おすすめは、セラミド配合、ヒルアロン酸配合、尿素配合、アミノ酸配合の保湿剤です。


保湿剤はそれぞれ配合割合が表示されています。例えば、ヒルアロン酸配合30%と言われるものです。配合されているヒルアロン酸の量と質も大切が、見落としがちなのが残り70%の「基剤」と言われる部分です。この基剤と呼ばれる残りのクリームが、保湿剤の質を決定すると言っても過言ではありません。


このように保湿剤を選ぶ際は、単に配合割合の高いもの、値段の高いものを選ぶなど安易な決め方をせず、使いながら自分にあう保湿剤を絞り込むことが重要と言えます。


買っただけで安心してはいけません

また、肌の保湿は保湿剤を買い込むだけでは維持できないことを理解してください。保湿の基本はあくまでも皮膚に含まれる水分の乾燥予防にあります。乾燥しやすい冬、肌から水分が奪われます。水分が乾燥することで乾燥肌になるからです。


恐ろしい事に「それじゃぁ、肌の水分を維持するには、油でふたをすれば良いじゃない!?」なんて安易に思われている方がいまだにいらっしゃいます。つまりクリームなどの保湿剤で上塗りするのです。


皮脂が肌の乾燥を予防すると長い間信じられてきた為にこのような古い保湿法を未だに信じられているのですが、実は最近の科学的分析で皮脂の保湿効果の低いことが分かってきましたのです。


原因は水分の乾燥だけではない

実は乾燥肌になるのは、単に肌の水分が乾燥するからではなく、保湿力を発揮するセラミド(角質細胞間脂質)が減少するからで、加齢とともに皮脂が減るのもセラミドが減少するからなのです。


乾燥肌になるからと言って、皮脂を補う為にクリームや保湿剤を塗ると肌荒れ等他の皮膚疾患を誘発させる恐れがあるので本当に注意が必要です。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.