水虫の予防対策

乾燥肌の仕組み

水虫の予防対策

白癬菌(はくせんきん)

水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)は、高温多湿環境を好みます。当然、季節では夏を好み、冬活動には沈静化し、その頃には患部のかゆみも治まります。


現代人は、仕事やプライベートで長時間、密閉性の高い靴やブーツを使用するので水虫になり易いと言えます。予防対策としは、靴の長時間使用に注意し、通気性の良い環境を維持する様心がけることが重要です。今では足の指どうしがピタッと接触しないための靴下も売られていますからそのような水虫対策グッズをうまく利用し、水虫が活動しやすい環境をつくらないよう心がけましょう。


白癬菌が感染しないように

また、水虫の原因である白癬菌は感染します。家族に水虫の方がいれば感染しないように予防する必要があります。バスマットやカーペット等に付着した白癬菌から感染しますので、水虫が完治するまでの間は同じマット等を使用しないよう予防対策を行うべきです。


とにかく、水虫は強いかゆみを伴います。あまり患部をかいたり刺激したりしないことが重要です。症状の違いにより水虫は大きく4種類に分類されますので簡単にご紹介します。


@趾間型(しかんがた)


趾間型(しかんがた)の水虫は、足の指の間に小さな水泡ができ、かゆみを伴います。次第に皮膚がポロポロはがれ出します。水分を多く含んだ水疱の場合は、悪化するとあかぎれになり強い痛みを発することもあります。


A小水疱型


小水疱型の水虫は、足の裏や指、指の間に小さな水泡ができる水虫です。症例がもっとも多く、かゆみも強いことが特徴です。高温多湿環境を好むため、夏に多く発症し、冬は少し治まります。革靴の履きっぱなし、ブーツの長時間着用には注意が必要です。


B角質増殖型


角質増殖型は、水虫がまさに慢性化した症状です。足裏やかかとが硬くなるなどの症状が特徴です。患部でのかゆみなどはほとんどありませんが、乾燥する冬の時期などでは、乾燥肌のようなひび割れに悩まされます。


C爪白癬(つめはくせん)


爪白癬とは、水虫の原因の白癬菌が爪(つめ)に感染し発症した症状です。爪が白く濁り、盛り上がるのが特徴です。症状が悪化した際は、爪が徐々にはがれ始めます。場合によっては、爪(つめ)の先端から剥がれてくる症例もあります。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.