疥癬病(疥癬症)の治療薬

乾燥肌の仕組み

疥癬病(疥癬症)の治療薬

疥癬病(疥癬症)の治療薬

疥癬病(疥癬症)の治療薬には、駆虫薬、内服薬、塗布薬があります。多くの治療薬がありますので、ひとつずつ解説していきます。


オイラックス

痒み止めとして開発されたことで知られているオイラックスですが、もともとはこの疥癬病治療のために開発された治療薬なのです。しかしオイラックスは一回の殺虫効果が弱いため疥癬にはそれほど効きません。予防薬として使用するのが現実的と言えるでしょう。


安息香酸ベンジル

オイラックスよりは殺虫効果が高い液体の薬品です。独特の臭気があり医薬品ではないので、軟膏やローションと調剤し使用します。毒性のデータは乏しいのですが、口から吸引したり、皮膚に多量に塗布すると頭痛などなんらかの抗体反応がでると言われています。


ムトーハップ

ムトーハップは殺虫効果の弱い治療薬です。疥癬(ダニ)の駆除能力が低いので、ムトーハップも疥癬の予防薬という認識のほうが現実的です。またムトーハップは刺激が強く乾燥効果がありますので、使いすぎると肌あれや乾燥肌に繋がりますので注意が必要です。


イオウサリチル酸チアントール

イオウサリチル酸チアントールには疥癬の原因であるダニ(寄生虫)の発育を防止する効果があります。しかし皮膚への浸透力の高いサリチル酸は肝機能の障害を起こす危険性もあるので前進塗布治療の際は注意が必要です。


リンデン(γ−BHC)

リンデン(γ−BHC)は最も殺虫効果が強力でかつ安全性が高い殺虫薬です。BHCはα,β,γ,δと4種類ありますが、リンデン(γ−BHC)が最も強力です。


ペルメトリン

最近の臨床結果で、リンデン(γ−BHC)より効果が高いと見られているペルメトリンですが、ペルメトリンを使用するデメリットとしてアレルギー性接触皮膚炎を起こしやすくなることが挙げられます。しかし海外ではこのペルメトリンが最初に使用する薬剤として浸透しており、一部商品化もされているようです。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.