ステロイド治療と副作用

乾燥肌の仕組み

ステロイド治療と副作用

ステロイドはどんな治療薬?

ステロイドは、痒みを抑える強力な治療薬です。主に乾燥肌やアトピー性皮膚炎の患者に使用します。ステロイドは、塗り薬に限らず飲み薬や注射投与などの方法もあります。怖い印象のあるステロイドですが、皮膚病には必要な治療薬です。なぜならば強いかゆみを抑えるには非常に効果的だからです。


しかし使いすぎると肌が黒ずんだり、皮膚が薄くなったり、皮膚の抗菌免疫力が低下するため副作用を伴うこともあります。特に集中した使用や連続使用には十分注意しなければなりません。適度・適量使用であればステロイドは、かゆみをあっという間に抑えるだけでなく、症状の軽い皮膚のかぶれなどはすぐ治療してしまうので非常に有効です。


ステロイドの効果と副作用

かゆみの解消には有効なステロイド剤ですが、それだけ効果があるということは、副作用もそれなりにあるというふうに考えてください。ステロイドの作用はいろいろあるのですが、そのうちのいくつが膠原病(自己免疫が原因と考えられる乾燥肌等の皮膚疾患ほか)の治療をするうえで、良い作用と悪い作用が働くことになります。


ステロイドの副作用のうち、大量のステロイド投与で現れる副作用に、脳尿病、神経症状、中心性肥満症などがあり、長期投与で現れる副作用には、高脂血症や骨粗しょう症、筋力低下などがあります。実際問題としてステロイド剤を投与しはじめると、患部とその症状が沈静化するまでにある程度の期間を要します。ということは、それなりに多量のステロイドを服用すると考えたほうが良さそうです。個人によってもおかれている状況は違いますので、実際には緊急性や治療効果、そして患者の個々の症状などと副作用のバランスで投与法は決定されています。


レーシック 失敗

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.