乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌の仕組み

乾燥肌とホルモンバランス

成長ホルモンが若さの秘訣?

成長ホルモンやエストロゲンがお肌をみずみずしく保つことに強く関係するのだったら、薬で摂取していつまでも若々しい肌を維持したいと考える方もいると思います。


たしかに現代医学では、それらのホルモンを投薬することは可能になっています。しかし、リスクが高いのです。ホルモンを投入することで、全体で絡み合うホルモンバランスが崩れ、問題のなかった部位に副作用が現れる結果になることもあります。ホルモンは単体でなりたっているのではなく、複雑に絡み合った歯車で動いているので安易に考えないようにしてください。


医学上予測不可能なことも起こることさえありますし、場合によってはガンを発症することになるかもしれません。自分でホルモンコントロールするなどとは考えないようにしましょう。


乾燥肌になる外的要因

乾燥肌の多くは、外的要因、特に生活環境によって引き起こされる場合が非常に多いと言えます。例えば、暖房の長時間使用、過剰な洗浄、長時間入浴といった日ごろ私たちが行う行動と密接に関係があるのです。


その一方で、外的(環境)要因ではなく、内臓の疾患を伴うものが約10〜50%ほどあると言われています。内分泌・代謝疾患、血液疾患、内臓悪性腫瘍、肝障害、賢障害、心因性といったものです。乾燥肌の中でも全身性掻痒症の場合は、内科的疾患が隠れていないかしっかり検査する必要があります。内臓等内科的疾患の場合は病原の改善が基本となるからです。


乾燥肌の内的要因

また、内科的疾患の場合は体質改善を試みることになるのですが、食事や食べ物による体質改善が基本となります。食べ物(食事)による発症が強いと見られているアトピー性皮膚炎の方の場合は、特に注意しなければならないでしょう。


では、「かゆみ」を誘発しやすい食品ってどんなものがあるのでしょうか。一般的に、卵や牛乳といった一部の乳製品はアトピー性皮膚炎の原因になっていると信じられていますが、実は食べ物が乾燥肌やアトピー性皮膚炎の原因になっているケースというのは以外に少ないようです。ただ、辛い食べ物などは肌にとっても刺激物となり「かゆみ」を増発させる危険性があるので注意しましょう。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.