レチノールの老化予防効果

乾燥肌の仕組み

レチノールの老化予防効果

肌の老化防止成分

肌の老化防止効果のある成分のひとつがレチノールです。レチノールはビタミンAの一種で、ビタミンA自体に抗酸化作用が備わっているので老化防止作用があると言われます。このレチノールを肌に直接塗った場合はなんとコラーゲンを増加させる効果もありますので注目しておきたい栄養素のひとつですね。コラーゲン自体を塗っても増えまないのですが、レチノールを塗ると効果的に増えるという実験結果があり、しわの改善効果があるとも言われているのです。


レチノール使用上の注意

しかし、注意していただきたいのは、レチノールを直接塗った場合少し肌がかさつくことがあるということなのです。もし乾燥肌などお肌にトラブルや問題があるような方でしたらなるべく避けたほうが良いかもしれません。


加齢による乾燥肌をさらに詳しく見ていきますと、「老人性乾皮症」と「老人性皮膚掻痒症」の2つに分類されます。老人性乾皮症は、加齢に伴う皮膚の水分不足が肌(皮膚)の乾燥してかさついた状態を作り出す皮膚疾患で、特に空気の乾燥する秋から冬にかけて現われ、自覚症状としては痒みを伴うことが特徴です。乾皮症は、通常、水分や皮脂、細胞間脂質(セラミド)、尿素などの天然保湿因子で保たれている肌(皮膚)が、加齢により保湿能力が低下することから発症します。さらに、暖房などによる湿度の低下やお風呂での洗いすぎなどが加わると症状はさらに進行しますので注意が必要です。


老人性皮膚掻痒症

老人性皮膚掻痒症は、加齢により肌(皮膚)の機能が低下することで発症する皮膚疾患です。具体的な症状としては、分泌される皮脂が少なくなり、発汗も少なくなるという特徴があります。そのため、湿気の多い夏はしっとりしていても、乾燥する冬になると肌がカサカサしてかゆみが強くなるのです。「かゆみ」を感じる部位は、主に膝から下の伸ばす側(すね)と大腿部で、ときに背中や腹部にも発症し、次第に全身に及び、夜も「かゆみ」で悩まされ、不眠症となるケースも少なくありませんので早めの予防と対策を心がけましょう。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.