冬の乾燥肌対策

乾燥肌の仕組み

冬の乾燥肌対策

冬の乾燥肌対策

冬の乾燥肌対策は、特別な理由がなければスキンケア(お肌の手入れ)が中心になります。まずは日常生活において皮膚の表面から乾燥させないよう気をつけることが最も大切になります。


すでに、乾燥肌になった幹部をかいてしまって湿疹などができてしまった場合には、ステロイド外用薬を使うことがありますが、通常は保湿剤を塗る程度で充分ですので、あまり最初から大げさに考える必要はありません。


乾燥肌の場合、夜に強いかゆみを伴い眠れなくなる時があります。そんな時は、抗ヒスタミン剤を内服することで対処が可能です。もちろん、この場合も医師の診断により適切な判断の元行ってください。


乾燥肌を予防する

乾燥肌を予防するためには日頃の生活環境を見直すことで大きく改善されます。まず、部屋の乾燥に気をつけて、喚起を適切に行い、冬場は寒いからといって暖房器具を使いすぎず、室内の湿度を適度に保つなど上手く使うよう心がけましょう。必要に応じて加湿器を使用すると良いでしょうね。


また、入浴時にも注意が必要です。熱いお風呂に長く入るのは避け、低刺激石鹸を使用し、皮膚をこすり過ぎないようにします。入浴後には保湿剤を塗ることをお勧めします。


下着類などにも気を使おう

その他、衣類、下着、寝巻きは、ナイロンやウールのものを避け、できるだけ綿製品にします。このように日常生活の注意を守れば、皮膚の乾燥によるまゆみはずいぶん抑えられるでしょう。


  • 部屋の湿度を保つ
  • 過度な皮膚のこすりつけに注意をする
  • 下着や衣類は綿製品を使用する
  • 暖房の使いすぎに注意する
  • 入浴の長湯は避けましょう
  • 入浴後は保湿剤を使用します

以上のような点に気をつけて生活を改善してみてくださいね。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.