じんましん(蕁麻疹)対策と治療

乾燥肌の仕組み

じんましん(蕁麻疹)対策と治療

じんましん(蕁麻疹)になったら

じんましん(蕁麻疹)になってしまった、又はじんましん(蕁麻疹)の疑いがあるという場合でも、まずはそのまま様子を見ることをお勧めします。じんましん(蕁麻疹)になった場合は、「かゆみ」も短期(1日か数日)で治まる症例が殆どですので、もし、それでもじんましん(蕁麻疹)が治まらず、症状が長期(半月〜1ヶ月以上)にわたるようでしたら専門医を受診するようにしてください。


それでも、受診時になると症状が治まっているなんて場合も多数あります。その時は、受診を拒否せずに、じんましん(蕁麻疹)発症前に自分の行動を思い出し、接触したもの、摂取した食事などを細部に渡り専門医に伝えるようにしましょう。専門医はスクラッチテストで情報を整理し適切な治療法を提供してくれますので、忠実に従うようにしてください。


治療の基本

じんましん(蕁麻疹)治療の基本は、まずはじんましん(蕁麻疹)にとって疑わしい物質を避けること。初期のじんましん(蕁麻疹)が治まらず悪化してしまった場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用することになります。さらにじんましん(蕁麻疹)の症状が深刻であればステロイド剤を使用することがありますが、これには、専門医の診断は欠かせません。


じんましん(蕁麻疹)の原因は様々ですが、じんましん(蕁麻疹)の特徴から、アレルギー性じんましんと非アレルギー性じんましんの2つに分類されています。これまで、じんましん(蕁麻疹)はアレルギー性のものが多いと信じられていますが、実は、非アレルギー性じんましんのほうが多いのです。


アレルギー性じんましん

アレルギー性じんましんは、食事(食品・食べ物)や服用する薬品、化粧品、身に付ける貴金属や衣類・下着が原因とされ、非アレルギー性じんましんは、直接刺激(かきむしり)や日差し(日光)、暖房の長時間使用などが原因とされています。このような外的刺激が加わることで体内の肥満細胞を刺激し、じんましん(蕁麻疹)が誘発されるのです。他にも誘発される原因は存在しますが、現代の医学をもってもじんましん(蕁麻疹)の全容が明らかになっていないのが今の現状です。


 

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.