接触皮膚炎とは

乾燥肌の仕組み

接触皮膚炎とは

接触皮膚炎とは

接触皮膚炎は一般に「かぶれ」と言われる皮膚疾患です。特定の物質が原因でかぶれた肌(皮膚)は、強いかゆみが起き炎症します。接触皮膚炎にはアレルギー性のものもり、アレルゲン(アレルギーの抗原)に接触から2〜3日後に皮膚に異常が見られる皮膚疾患です。これをアレルギー性接触皮膚炎と呼びます。アレルギー性接触皮膚炎は、ある種の原因物質が繰り返し皮膚に触れているうちに炎症を起こすもので、アレルギー体質の方に多く見られる傾向にあります。


接触皮膚炎の原因

接触皮膚炎を誘発する原因は様々です。誰でも起こりうる接触皮膚炎もあれば、特定の人だけ発症する接触皮膚炎があります。また、刺激性の高い物質、例えば酸やアルカリなどに肌(皮膚)が触れると誰でも接触皮膚炎になりますし、今申し上げたアレルギー体質のような特定の人だけ発症するアレルギー性の接触皮膚炎もあるのです。アレルゲン(アレルギーの抗原)は、薬品や化粧品などが多いので、自分で使用する化粧品類の含有成分は把握し、いつどこでそれを使用したかをメモしておくことで予防措置にもなります。


アレルギー性接触皮膚炎の原因

アレルギー性接触皮膚炎のアレルゲン(抗原物質)には、以下のようなものがありますので注意してください。


  1. 化粧品(せっけん、シャンプー、リンス、スプレーなど)香料、色素、殺菌剤など
  2. 衣料類(防カビ剤、加工用樹脂成分、ホルムアルテヒド、レゾルシンなど)
  3. 金属(ニッケル、コバルト、水銀、バラジウム、クロームなど)
  4. ゴム成分(加硫促進剤、老化防止剤)
  5. 皮革、樹脂成分(クローム、カテコール類など)
  6. 文具、塗料その他(コピー用品、水銀など)
  7. 植物(サクラソウ、ウルシの系統、銀杏、マンゴー、キーウィなど)
  8. 外用剤、職業上用いる物質(塗料、農薬、現像液など)

乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.