接触皮膚炎の治療方法

乾燥肌の仕組み

接触皮膚炎の治療方法

接触皮膚炎が発症したなら

接触皮膚炎が発症した場合は、勝手に判断せずに専門医に診てもらうようにしましょう。なぜならば、アレルギー性接触皮膚炎は、時間が経って発症する場合が多いので特に原因の特定が困難な皮膚疾患だからです。


病院で診察してもらう場合、専門医はパッチ検査を行いアレルギー性物質の特定を行います。このアレルギーの原因が何なのかを知ることで接触皮膚炎の治療がスムーズに行きます。安易に市販の薬品に手を出したりせず適切な処置が必要です。


アレルゲンを放っておくと

アレルゲン(アレルギーの抗原)を放っておくと完治まで長期化することがあります。もし、自分でアレルゲンが特定できれば、とにかく、その物質には一切触れないでおくこと、これが接触皮膚炎の基本治療となります。あなたが病院の診察を受けたならば、処置(治療)として肌(皮膚)の表面にステロイドなどを塗るか、内服薬として抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の使用をすすめられます。医師の指示を忠実に守るようにしましょう。


まとめとして、接触皮膚炎患者が注意点を上げておきます。要点は2つ。


  1. 勝手な判断をせず専門医を受診すること
  2. 原因物質が特定された場合は一切触れないこと

病院での受診

病院で受診した場合には恐らくパッチテストを受けるでしょう。患者から多くの情報を引き出し発症した発症源を特定します。原因物質が特定された場合は適切な処置(治療)が施せますので、あとは医師の指示に従い適切に忠実に実行するだけです。


また、病院で原因物質が特定できた場合、あるいは経験上から自分でもある程度原因物質(アレルゲン)が特定できた場合は、その物質を自分の周りから確実に遠ざけるようにしてください。これが接触皮膚炎治療の基本になりますし、その後の治療の経過に大きく影響してきます。


最もまずいのは、患部の症状を軽く考え、アレルゲン(特定物質)の究明を怠り、同じ物質と接触するような環境に自分の身をおくことです。そうなれば接触皮膚炎の患部はより高い確率で炎症を起こします。さらに接触皮膚炎が長期に及べば、益々完治しずらくなるので注意してください。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.