洗顔スキンケアの基本

乾燥肌の仕組み

洗顔スキンケアの基本

お肌のトラブル

お肌のトラブルの中で最も多いのが、おでこのにきび、顎(あご)のにきび、頬(ほお)の毛穴の開きや黒ずみといった顔(顔面)のトラブルではないでしょうか?私ももう35歳なので、最近とくにシワが増えただとか、毛穴の周りが皮脂でギタギタと脂ぎっていて毛穴のぶつぶつが気になりはじめました。もちろん毎日朝顔を洗い、帰宅後は入浴、洗顔し、夜寝る前にも保湿をやっているのに、肌のトラブルは一向に解消できずに困っている方もたくさんいらっしゃるかと思います。


そんな方に言いたいのは、顔(顔面)のスキンケアの正しいやり方、方法があるということ。朝と夜、そして入浴時に洗顔しているから大丈夫だなんて軽く考えると、5年後、10年後は大変なことになっているかもしれませんので注意したほうが良いでしょう。


洗顔のポイント

まず、洗顔時に使用する洗顔料やクリームですが、店頭で売られている「顔専用」のたぐいを使用しなければならないという偏った考えは不要と言えます。一般的にも、液状洗顔料やクリームよりも、固形せっけんのほうが、添加物が少なく肌にやさしいのです。せっけん一つとっても洗浄力と効果は様々ですし、個人の肌質も様々ですから、基本的なことを知ったあとは、自分である程度アレンジする必要があります。


洗顔スキンケアの基本

改めて申し上げますと、洗顔スキンケアの基本は、「しっかり汚れを落として、しっかり保湿する」ということにつきるのです。「肌にやさしい」イメージの洗浄力弱めの洗顔料(せっけん)で洗顔する方が多いようですが、皮脂が残ってしまっている場合には、その残皮脂が原因で、過酸化脂質を生成し、肌あれや老化のもとになる場合があります。ですから、少々強めでもしっかり汚れを落とし、洗顔後お肌がつっぱるようでしたら、その分だけ保湿するという対応が望ましいと考えます。


≪ しっかり汚れを落として、しっかり保湿する ≫


これが洗顔スキンケアの基本です。しっかり憶えてくださいね。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.