中学生・高校生のスキンケア

乾燥肌の仕組み

中学生・高校生のスキンケア

中高生の肌は

中学生・高校生の肌は、皮脂が多くなることが特徴です。この時期のスキンケアはとになく、多量の皮脂を洗い落とし常に清潔な肌(皮膚)を保つ、維持することが最高のスキンケアになります。


人によっては、皮脂が肌荒れやにきびといった皮膚疾患に直結しますので、状況にあわせて1日2回の入浴を習慣化させ、洗顔は1日3回行うなどの対策が必要になるでしょう。


特に都心の女子学生においては、高校生(あるいは中学生)からお化粧をするようになりましたが、特に皮脂の多いこの時期にお化粧をうするということは「油の上に油を重ね塗りする」ことになりますから、脂や汚れを体外に放出するどころか、肌(皮膚)の上にサランラップをして、その中で細菌を繁殖させているようなものです。それは肌を酷使しているなんてレベルを遥かに超えた行為と言えるでしょう。


重度のにきびの原因にもなりかねませんので、注意が必要と言えます。


乾燥肌の大敵は長湯?

乾燥肌には、まず長湯が良くありません。


皮脂の分泌が多いこの時期は、入浴法の改善ひとつで肌質を改善できますので、この機会に覚えてください。注意したいのは長湯です。長湯は体の水分を奪うため、ますます肌の乾燥を促進し「かゆみ」を誘発しますので、適度な時間とお湯の温度に気を配る必要があります。熱すぎるお湯は急速に肌の保湿成分を奪い取ります。だいたい38〜40度が理想的と言えるでしょう。


また、体の洗い方ですが、石鹸を使用することは問題ありません。しかし石鹸も使いすぎには注意しましょう。固形のものは問題ありませんが、液体クリーム状のものは量を使いすぎる傾向にありますので、適度な量を使用するよう気をつけなければなりません。


またナイロン性のタオルも、こすり過ぎないように気をつけなければなりません。体を必要以上に擦り付けてしまうと、必要な皮脂までが奪われていき、乾燥肌や肌荒れを促進します。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.