子供と乾燥肌

乾燥肌の仕組み

子供と乾燥肌

子供は乾燥肌にならない?

意外かもしれませんが、子供でも乾燥肌になります。実は、子供でも小学生くらいまでの時期というのは、分泌される皮脂量が少なく、生後6ヶ月くらいまでの間は、老齢者よりも少なくなるため、子供の肌(皮膚)といえど乾燥肌になることも珍しくはありません。


皮脂分泌の少ないこの時期には、特にひじや膝などの皮膚の薄い部分で白くカサカサな乾燥肌が生まれやすくなります。放っておくと、表面からひび割れし、肌(皮膚)のバリア機能も崩壊しますので、雑菌、細菌、アトピー性のアレルギー物質等が体内に侵入しやすくなってしまいます。


そうならないためにも、親が注意を働きかけ、例えば、部屋の暖房の長時間仕様を避け、湿度を一定に保つなどの工夫も必要でしょうし、入浴後には、乾燥肌になった患部に保湿クリームを塗ってあげる対策も必要になります。


対策上の注意点は

しかし、一方ではよだれやドロで毎日体を汚すことの多いこの時期でもあります。基本的に毎日入浴し、しっかり体を洗ってあげると同時に、汚れがひどいからと言って必要以上に洗いすぎないよう心がけることも必要です。洗いすぎると、肌(皮膚)のバリア機能に必要な皮脂成分まで一緒に洗い流してしまう事になりますので、さらに乾燥肌が進行し、敏感肌やアレルギー性の肌質に変化する可能性も出てきます。


さらに小さな子供(乳幼児)の場合は

さらに小さなお子様(乳幼児)をお持ちの方に補足ですが、乳幼児の時期には、新陳代謝が活発で肌は乾燥することもなくみずみずしいのですが、皮脂が少ない時期でもありますので、体の洗いすぎには注意が必要です。意外かもしれませんが、この時期(乳児期)の皮脂分泌は、時期によっては高齢者よりも少なくなることもあるようです。


基本的には毎日の入浴で体の汚れをきちんと落とし、入浴後は落ちた皮脂を補う程度の保湿ケアを心がけ、衣類はもともと水分を含む綿生地のものを使うことをお薦めします。何度も申し上げますが、乳幼児は、皮脂が少ないのです。そこは充分に注意してください。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.