肌の潤いと保湿法

乾燥肌の仕組み

肌の潤いと保湿法

潤いがあるとは?

肌に潤いのある状態というのは、表皮中の核を持つ角質細胞間の皮脂量と水分量がバランス良く存在することを言います。


角質細胞間の皮脂と水分のバランスを保つためには、日ごろの生活環境、食事バランスに注意し、特に乾燥しやすい時期に保湿対策を行うなど日常の肌手入れが重要です。


ボディの保湿は、尿素入りの保湿剤が効果的です。尿素は角質を柔らかくする効果があるため肌を滑らかにします。季節に応じて、ローションとクリームを使い分けると効果的です。尿素はもともと体内にある成分ですから肌に合わない可能性は低いと言えます。


顔の保湿法

顔の保湿はセラミドが効果的です。セラミドは、肌(皮膚)の表面の角質層の角質細胞を構成し、角質細胞中の保湿機能を高め永続させる機能を持ち合わせています。


肌表皮の角化の過程において、有棘細胞〜顆粒細胞で形成される層板顆粒から角質層に供給されるセレブドシドが酵素セレブロシダーゼによってセラミドに変化し、これが角質細胞間に連続的なラメラ構造を再配列して、不溶性の理想的なブロック構造を形成します。


セラミドが不足すると

このセラミドが不足すると、肌(皮膚)の保湿力が低下し水分が不足しはじめます。保湿力を失った肌は乾燥しやすくなりバリア機能が破壊され外的刺激から身体を守れない状態になります。さらにセラミドの機能が低下すれば、乾燥肌や敏感肌、さらにはアレルギー性疾患を誘発する可能性が高まるのです。


しかし、セラミドの欠点は高額なことです。セラミド配合商品は多いですが、高価なため続けての使用が困難です。もし、困難であればヒルアロン酸配合の商品を選択すると良いです。セラミドより効果は低下しますが充分肌の潤いに貢献します。


適切なスキンケアに加え、生活環境を改善し習慣化すれば、肌の老化を遅らせることは難しくないでしょう。特に睡眠不足が大敵です。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.