肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

乾燥肌の仕組み

肌(皮膚)のバリア機能が低下すると

肌のバリア機能が低下すると

「肌のバリア機能」でも触れましたが、肌のバリア機能が低下すると、外的刺激から身体を守れなくなります。バリア機能の低下が慢性化すると、石鹸(せっけん)等の洗剤や衣類の脱着時の肌のこすれにも敏感(敏感肌)になります。


肌のバリア機能が低下する原因として、肌の乾燥(乾燥肌)があります。乾燥肌は、皮膚角質層の角質細胞間脂質の水分が不足することで誘発される症状です。


肌の乾燥で・・・

肌が乾燥すると、角質層が多量に剥がれ落ち、ひび割れも起こすことで、外的刺激が直接体内に侵入するのを防げなくなるのです。


バリア機能により防御していた雑菌などが体内に侵入することでアレルギー反応を引きお起こしたりもします。アレルギー反応を起こした肌は、湿疹などで異常を知らせ、アレルギー肌、敏感肌が生成されるのです。


肌のバリア機能を正常に保つことは、身体を守ることと等しいのです。正しいスキンケアを身に付けて冬の時期に備えておきましょう。


バリア機能が低下するもうひとつの原因とは

この肌(皮膚)のバリア機能が変動する(低下する)もうひとつの原因に、肌の角質細胞が強く関係します。肌の角質細胞の角質細胞間脂質と水分のバランスが崩れると、保湿力を失う為慢性的な水分不足を引き起こすし、徐々に肌が乾燥してくるという悪循環を生み出すのです。


有名な角質層(角質細胞)はセラミドと言われ、若い頃には潤沢に存在するのですが、加齢によって次第にセラミドが不足し、このセラミドの不足が原因となり次第に肌(皮膚)水分が不足してくるという悪循環を起こします。このように、バリア機能の変動(低下)は、セラミド不足による水分不足で誘発されるケースが多いと言えます。


セラミドが不足することによっても、アトピーなどの皮膚トラブルを引き起こしてしまうこともありますので、不足してしまったセラミドを補給しながら、生活面では、十分に睡眠をとり、バランスの取れた食生活をすることを常に心がけることが重要です。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.