乾燥性敏感肌とは

乾燥肌の仕組み

乾燥性敏感肌とは

乾燥性敏感肌とはどういうもの?

乾燥性敏感肌は、肌(皮膚)そのものの水分が不足し、さらには肌(皮膚)本来のバリア機能が低下することで外部環境の刺激から肌を守れなくなった肌を指し、皮膚が乾燥し、外的刺激に敏感になった状態のものを言います。


なぜ正常だった肌のバリア機能が低下してしまうのでしょうか。それは、セラミドの保有量に関係しています。簡単に言うと、セラミドが不足することで肌の保湿性と弾力が失われることが原因とされています。セラミドは皮膚角質層に存在する脂質のことで、本来、肌を外部刺激から守るバリア機能と角質層の水分を保持するという機能があるのです。


セラミドが不足すると

このセラミドが不足することで、外部からの刺激に耐えられなくなり肌が敏感症になることは容易に想像できるのではないでしょうか。


乾燥性敏感肌になると以下のような症状が現れます。


  • すねや腕が白く粉をふく
  • 体の温まっている風呂上り直後や、暖房のきいた部屋などでは、体がかゆくなる
  • 入浴後に保湿剤などを使用しないとき、すぐに肌がかさかさになる
  • セーターなどの衣類を着用する際に、肌とすれあったところがチクチク、ムズムズし、ナーバスになる
  • ひじやひざに湿疹ができ鳥肌みたいになる

セラミドの機能を持続させるには

セラミドの機能を持続させるには、セラミドを洗い流さず、必要な分はきちんと補充するという点に気をつけたなければなりません。


また、乾燥性敏感肌は、部屋の温度を上げすぎないこと、湿度管理、皮膚の表面を常に保湿することで症状が緩和するケースも少なくありません。保湿機能が高い化粧品クリームや入浴剤のほか、かゆみ止めの効果があるローションやクリームが販売されていますので自分の肌にあった商品をじっくり選定しましょう。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.