コラーゲンとは

乾燥肌の仕組み

コラーゲンとは

コラーゲンってどんな成分?

コラーゲンはたんぱく質の一種で、体内で消化吸収されます。コラーゲンはカラダのさまざまな場所にある成分で、10万種以上あるたんぱく質のうち実に約30パーセントをコラーゲンが占めているのです。


コラーゲンは、細胞と細胞をくっつける接着剤のような役割をしながら、細胞を正しい位置に整列させると言った区画の仕切り役も果たしているのです。


体内のコラーゲン量は全体の6%に匹敵し、肌(皮膚)で見ますと全体の約70%がコラーゲンにあたります。これを考えますと、我々の体にとってコラーゲンがいかに重要な栄養組織かが分かります。


コラーゲンが果たす役割

コラーゲンの働きを考えて見ますと、その役割はおおきく3つあります。


▼役割その1

体全体や臓器その他の形をつくり、それを支え、結合したり境界をつくったりします。例えば目の水晶体も全てコラーゲンでできています。


▼役割その2

細胞の足場としての役割があります。足場としての働きがあるからこそ細胞は分裂増殖することができるのです。さらに肌(皮膚)のハリとツヤは、コラーゲンが網目を張り巡らせて水分をしっかり保持していることで弾力性、みずみずしさを保っていることで実現するのです。


▼役割その3

肌の表面に塗ることによって、外部の刺激から肌を守り、保湿を促します。また、骨や歯などのカルシウム同士を繋ぐ機能がありますので、コラーゲンの不足は骨や歯へのダメージへと繋がる恐れがあります。


人間は加齢にしたがい、コラーゲンの合成と分解の働きのバランスがくずれはじめ、分解の方が多くなります。さらに分解が進むと老化現象が起こりはじめます。コラーゲンが柔軟性を失ったために、しみやしわが発生したり、関節や骨が痛むのです。老化に対抗するためには、コラーゲンを適切に補給し、新陳代謝を促す必要が出てきます。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.