自家感作性皮膚炎とは

乾燥肌の仕組み

自家感作性皮膚炎とは

自家感作性皮膚炎とは

自家感作性皮膚炎とは、貨幣状湿疹が悪化拡大した時に発症する皮膚炎です。体の一部に強い皮膚炎が発症したあと、しばらくしてからその発疹の周囲から全身に小さくて細かい丘疹(きゅうしん)が出現する皮膚疾患です。


貨幣状湿疹が生成された際、かゆさのあまり直接かいてしまい、水分を含んだ皮膚(肌)を傷つけることで悪化させた結果できる紅斑や水泡です。症状がひどい場合、紅斑や水泡が全身に伝染する場合もあります。急性皮膚炎に併発した細菌感染が誘因になることもあるので注意が必要です。


治療時のポイント

治療する場合は、ステロイド外用薬を患部に塗布し、皮膚の炎症を抑えます。水分を多く含む発疹には亜鉛華軟膏を併用して使用する(塗る)と効果的と言えるでしょう。かゆみについては抗ヒスタミン薬を内服し症状を和らげます。また、原発巣が大きい時や散布疹の出る勢いが強い時には、ステロイド薬を短期間内服することがあります。


補足のためにご説明しますが、貨幣状湿疹とは湿疹の境界線がはっきりしている湿疹で、比較的診断しやすい皮膚疾患です。ちなみに、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎の一部が貨幣状湿疹になる場合もあります。


貨幣状湿疹が悪化すると

貨幣状湿疹は、発症箇所をかくことで湿疹が拡大し、悪化します。悪化すると小さなブツブツ(湿疹)が広がり、場合によっては体全体に広がることもあるのです。しかし他人に感染することはありませんのでその点においては安心です。


肌の乾燥で誘発され、刺激物になる薬品・化粧品・身につける貴金属などが原因と言われていますが、はっきりしたことは実は分かっていないようです。


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.