乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌の仕組み

乾燥肌がかゆいワケ

.

乾燥肌とかゆみ

気温が下がり、空気が乾燥する秋から冬にかけて我々を悩ますのが乾燥肌です。乾燥肌は、肌(皮膚)の角質細胞間脂質と皮脂の量が通常値よりも少なくなることで、肌(皮膚)から水分が蒸発し、表面がカサカサになる症状を言います。この乾燥肌に伴う「かゆみ」は、刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こると言われています。


乾燥肌の原因のひとつである角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎患者にみられる遺伝的な要素(患者の体質)によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあります。もちろん、患者個人によって肌質は違いますし、先天的(遺伝)に乾燥肌なのか、後天的(生活環境など)に乾燥肌なのかによって対応の仕方も変わってきますので、乾燥肌の予防と対策にはそれなりに注意が必要です。


ページのトップへ ▲

かゆみのメカニズムとは

なぜ乾燥肌になるとかゆみを生じるのでしょうか?乾燥肌にともなうかゆみは、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなることで、皮膚から水分が蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こることは、前でご説明しました。よって、自宅での暖房の長期・長時間使用や長時間入浴など、知らないうちに乾燥肌を助長してしまう行動をとっていることが少なくありませんので注意が必要です。


しかしいずれにしても乾燥肌の大部分が日常生活に大きく起因していることからすると毎日の身の回りの環境に気を配られるだけでもずいぶんと問題は解決するのではないでしょうか。再度申し上げますが、乾燥肌のかゆみは、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなり、皮膚(肌)の免疫力、水分の蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで起こるものです。生活環境の改善と栄養バランスの良い食事に心がけ乾燥肌の予防を心がけましょう。


ページのトップへ ▲

乾燥肌のかゆみ対策

乾燥肌が原因でかゆくてたまらない時、ついついかいてしまいますが、それがさらに「かゆみ」を誘発することになりますので注意が必要です。どうしても「かゆみ」を感じる時は、体温が上昇して「かゆみ」を感じる場合が比較的高い多いので、なるべく外部から冷却することを考えねばなりません。


しかし、冷水に浸したタオルを直接肌にあてると水分でかえって症状を悪化させる原因になりますので、出来るだけドライタオルで冷やすか、ビニールを間にはさんで冷水で冷やすかにしてください。逆にあまり冷やしすぎるのも肌(皮膚)にとっては刺激となりますので、状況に応じて臨機応変に行う必要があります。


ページのトップへ ▲

かゆみがひどい場合の乾燥肌対策

通常の乾燥肌対策で治まらないほどのかゆみに襲われる時があります。そんな時は医師等の専門家に診察してもらい、薬(かゆみ止め)やかゆみ止め内服薬などを処方してもらうのが良いでしょう。かゆくてたまらない状況を放置し、いらいらストレスを溜めてしまうよりはましです。専門家の言うことを忠実に守り、適切な治療を行うのであれば、過度に神経質になる必要はないと思われます。


また、食事(食べ物)の面から乾燥肌対策が出来ないか一度考えてみましょう。一般的に、卵や牛乳といった一部の乳製品はアトピー性皮膚炎等のアレルギー性の皮膚疾患の原因になっていると信じられていますが、実は食べ物がアトピー性皮膚炎の原因になっているケースというのは以外に少ないようなのです。ましてや通常の乾燥肌であればよほどの刺激物を除いては「食べてはいけないも」のというのは非常に特定しづらい面がありますが、アレルギー性のものかどうかも判断できない場合は、日々自身の行動をメモすることが後々治療に効果をもたらすケースが多いのです。


ページのトップへ ▲


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.