乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

乾燥肌の仕組み

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

.

肌は何故乾燥するの?

気温が下降し、空気が乾燥する秋から冬にかけて我々を悩ますのが「乾燥肌」です。乾燥肌は、肌(皮膚)の角質細胞間脂質と皮脂の量が通常値よりも少なくなることで、肌(皮膚)から水分が蒸発し、表面がカサカサになる症状を言います。乾燥肌に伴う「かゆみ」は、刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるものと言えるでしょう。


乾燥肌の原因のひとつである角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎患者にみられる遺伝的な要素(患者の体質)によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあります。患者個人によって肌質は違いますし、先天的(遺伝)に乾燥肌なのか、後天的(生活環境など)に乾燥肌なのかによって対応の仕方も変わってきますので、その点は十分注意が必要です。しかしいずれにしても乾燥肌が日常生活や周辺環境に大きく起因していることからすると日常の生活習慣に気を配られるだけでずいぶんと問題は解決するのではないでしょうか。


ページのトップへ ▲

生活改善で乾燥肌対策

前でも触れたように、肌の乾燥は、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなり、皮膚から水分の蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで起こるものです。よって以下のように生活環境を見直し改善するだけでもずいぶん状況は変わります。


  • 暖房は必要最低限にとどめお部屋の湿度に心がける
  • 熱いお湯の長時間入浴は避ける
  • 液体やクリーム状の洗剤は多量使用に気をつける
  • タオルでのこすり過ぎに注意する
  • 入浴後は保湿剤を塗る
  • 下着や寝巻きは水分を含む綿製品を着用する

乾燥肌による「かゆみ」の対策については、特別な原因がない場合はスキンケアが中心になります。すでにかいてしまって湿疹が出来ているような場合には、ステロイド外用薬を使うことがありますが、通常は「保湿剤」で間に合います。かゆみが強い時は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギ[剤を内服するこおとも考えられます。


ページのトップへ ▲

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

「肌にやさしい」とのイメージ戦略で洗浄力の弱い洗顔料や入浴剤などが店頭に並んでいます。しかし、洗浄力が弱いためにお肌には汚れが残ってしまい、酸化・老化の原因を自ら作ってしまっているケースも少なくないようです。正しいスキンケアとは、洗顔時、入浴時に肌の汚れはしっかり落とし、その後、肌がつっぱるなどの症状が見られた場合には保湿剤を塗る必要があるのです。何度も申し上げますが、スキンケアの基本は≪しっかり汚れを落とす≫です。


とは言っても、少し注意する点があります。乾燥肌(肌の乾燥)には、まず長湯(長時間の入浴)が良くありません。長湯が体の水分を奪い、ますます肌の乾燥を促進しますし、体温が上昇することで「かゆみ」を誘発します。入浴の時間も重要ですが、お湯の温度にも気をつけなければなりません。熱すぎるお湯は急速に肌の保湿成分を奪い取っていきます。だいたい38〜40度が理想的と言えるでしょう


ページのトップへ ▲

入浴時の体の洗い方

次に、体の洗い方です。石鹸(せっけん)を使用することは問題ありませんが、使いすぎには注意しましょう。固形のものをおすすめしますが、液体でクリーム状のもの等は一度の量を使いすぎる傾向にありますので、その点に注意しつつ適度な量を使用するよう心がけなければなりません。


またナイロン性のタオルを使用している場合は、肌(皮膚)をこすり過ぎないように気をつけなければなりません。体を必要以上に擦り付けてしまうと、必要な皮脂までが奪われていき、乾燥肌を促進してしまいます。まずはしっかり汚れを洗い流し、入浴後まだ体の乾ききらないうちに保湿剤、保湿クリームで肌(皮膚)のバリア機能を維持するよう心がけましょう。


ページのトップへ ▲


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.