乾燥肌の手入れは難しいの?

乾燥肌の仕組み

乾燥肌の手入れは難しいの?

.

乾燥肌になりやすい時期

乾燥肌は、空気が乾燥する秋から冬にかけて多く見られます。それだけに自宅の暖房器具の長期・長時間使用、長時間入浴などで、乾燥肌を助長してしまうことが少なくありません。逆に言えば、乾燥肌対策はお金をかけずに身近なものから取り組めますので、まずは周辺の生活環境から改善されることをお勧めします。


そもそも、肌が乾燥すると何故かゆみを生じるのかご存知ですか?乾燥肌にともなうかゆみは、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなることで、皮膚から水分が蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで刺激に対するかゆみの闘値が低くなって起こるのです。角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的な体質によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあると言われていますので覚えておいてください。


ページのトップへ ▲

乾燥肌に手入れは難しい?

乾燥肌の手入れを難しく考えている方がいますが、決してそんなことはありません。確かに、アレルギー性の皮膚疾患と併発する場合は、単純な治療では治癒しないケースもありますが、ほとんどの場合は、保湿剤や生活改善、体質改善により改善されますので、神経質にならずに冷静に対応することが大切です。


また、乾燥肌が原因でかゆくてたまらない時、ついついかいてしまいますが、実はそれがさらに「かゆみ」を誘発することになりますので注意が必要なのです。どうしても「かゆみ」を感じる時は、体温が上昇して「かゆみ」を感じる場合が比較的高い多いので、なるべく外部から冷却することを考えねばなりません。しかし、冷水に浸したタオルを直接肌にあてると水分でかえって症状を悪化させる原因になりますので、出来るだけドライタオルで冷やすか、ビニールを間にはさんで冷水で冷やすかにしてください。逆にあまり冷やしすぎるのも肌(皮膚)にとっては刺激となりますので、状況に応じて臨機応変に行う必要があります。


ページのトップへ ▲

乾燥肌の手入れのコツ

乾燥肌の手入れのコツは、肌のもつ役割をしっかり理解したうえで、適切ネ対応をとることに尽きます。では、肌が持つ役割には、@体を細菌などの外的から守ること(刺激予防)、A体内に水分を保つこと(肌の保湿)、B体温を一定に保つこと(体温維持)の3つがありますので、これら肌の3大役割を安定的に稼動させ、自己再生力を常に高いレベルに保つことが、手入れのコツになります。つまり、肌を清潔に保ちキメを整え、肌に潤いを与え持続させること、最後に紫外線等からの外的ダメージから肌を守ることが必要条件になるというわけです。


長時間勤務、苛酷労働によるストレス、社会の手助けのない子育て環境など、現代のおかれている環境は非常にきびしいものがありますが、肌(皮膚)の役目を考えるとうまく付き合っていかなければならないと言えます。


ページのトップへ ▲


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.