乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌の仕組み

乾燥肌の予防はこうしよう

.

なぜ肌は乾燥するの?

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境、外的刺激の度合いなど、後天的原因により乾燥しやすい状態となります。後天的な原因とは具体的に、高齢化・加齢による角質細胞間脂質と皮脂の低下、或いは、入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを指し、考えてみると自身の生活環境の改善に取り組むことでずいぶん解消されるものも多いですし、高齢だからと言って簡単に諦める必要もありません。


また、乾燥肌を生成しやすくなっている生活環境を、食事や洗剤などの原因を含め考えられるものをいくつかピックアップしてみました。こう見てみると、実に日常的なものばかりです。そういう意味では乾燥肌はあなたの心がけ次第でずいぶんと症状は軽くなります。例えば長時間入浴を改善するなど今からできるものはスグにでも対策していきたいところです。


  1. 暖房の長時間使用
  2. 長時間入浴と洗剤や石鹸(せっけん)の多量使用
  3. 肌のこすりすぎ
  4. 栄養バランスの悪い食事
  5. 下着や衣類の着用

ページのトップへ ▲

乾燥肌を予防する方法

乾燥肌を予防するには、まず乾燥肌の原因を知ることから始めなければなりません。他でも触れているように、肌の乾燥は、皮膚内の角質細胞間脂質と皮脂が少なくなり、皮膚から水分に対する蒸発抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発することで起こるものです。角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的な体質によるものと、加齢や化粧品(石鹸)などによる後天的なものがあると言われています。


前者の先天的なものは予防しようと思っても難しい側面もありますが、少なくとも後者は日常的なことですから充分対応可能と言えます。「なぜ肌は乾燥するの?」で取り上げた乾燥肌の日常的原因を予防するコツを下にまとめてみました。これだけでもかなり効果があります。とにかく、乾燥から肌を守り、肌に直接触れる(こする)行為には特に気をつけることです。


  • 暖房は必要最低限にとどめお部屋の湿度に心がける
  • 熱いお湯の長時間入浴は避ける
  • 液体やクリーム状の洗剤は多量使用に気をつける
  • タオルでのこすり過ぎに注意する
  • 入浴後は保湿剤を塗る
  • 下着や寝巻きは水分を含む綿製品を着用する

ページのトップへ ▲

体質改善で乾燥肌を予防しよう

乾燥肌の多くは、外的要因、特に生活環境によって引き起こされる場合が非常に多いと言えます。その一方で、外的(環境)要因ではなく、内臓の疾患を伴うものが約10〜50%ほどあると言われています。内分泌・代謝疾患や血液疾患、内臓悪性腫瘍、肝障害、賢障害、心因性などがその一部です。乾燥肌でも全身性掻痒症の場合は、内科的疾患が隠れていないか、病院でしっかり検査し予防する必要があります。内臓等内科的疾患の場合は病原の予防と改善が基本となりますから、スタートを誤まらないように注意しましょう。


また、かゆみの出にくい食事を心がけ乾燥肌を予防することをおすすめします。とは言っても「かゆみ」と食事の因果関係とは患者によって様々であり、アレルギー性のアトピー性皮膚炎でさえも、食事とかゆみ(発症)との因果関係というのは正式には立証されていません。もっとも良い対策は、一度摂取した食事をきちんと記録し、もしかゆみや赤み、アレルギーの症状が出た場合に何が原因なのかを分析するための材料や情報を準備しておくことです。症状によっては専門的に診てもらう必要もありますが、医師に診断してもらうとしてもその記録が役に立ちますのでこの方法をおすすめします。


ページのトップへ ▲


乾燥肌の原因と改善法

乾燥肌の原因と改善法

肌の乾燥にはワケがある!

乾燥肌の原因はコレだ!

乾燥肌がかゆいワケ

乾燥肌のかゆみはこれで改善

乾燥肌の改善法

乾燥肌とホルモンバランス

乾燥肌と体質改善

体質改善の方法

肌(皮膚)の役目は?

肌(皮膚)の構造

肌(皮膚)のバリア機能

バリア機能が低下すると

バリア機能変動(低下)の原因

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防と対策

乾燥肌の予防はこうしよう

乾燥肌対策を徹底解説!

乾燥肌に効く保湿の方法

乾燥肌に効くスキンケア

冬の乾燥肌対策

乾燥肌対策になる食べ物

乾燥肌に効果的な栄養成分

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れをしっかりと

お肌の手入れは難しいの?

乾燥肌に良い化粧品の選び方

乾燥肌に良い入浴剤と入浴法

肌保湿の基本

顔の保湿と保湿剤

身体の保湿と保湿剤

あなたの保湿法はもう古い

保湿剤を選ぶ注意点

天然保湿因子とは

レチノールの老化予防効果

シミしわに効くビタミンC誘導体

抗老化作用のあるピーリング成分

肌の潤いと保湿法

肌の再生!肌は生まれ変わるか

間違いだらけの手あれスキンケア

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥肌、敏感肌の治し方

乾燥性敏感肌に良い化粧品

乾燥肌に効く薬とその効果

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌を取り巻く皮膚疾患

乾燥肌とアトピー対策

乾燥肌と敏感肌について

乾燥肌と湿疹について

乾燥性敏感肌とは

乾燥肌とアレルギー

世代別の乾燥肌対策

世代別の乾燥肌対策

赤ちゃんの乾燥肌対策

乳幼児の乾燥肌対策

子供と乾燥肌

子供の乾燥肌対策

老人性乾燥肌の対策方法

じんましんの原因と対策

じんましんの原因と対策

じんましんとは

じんましんの症状

じんましんの原因

じんましんの治療法

じんましんの注意点

食事性じんましん

薬剤性じんましん

接触じんましん

機械性じんましん

温感と寒冷のじんましん

心因性じんましん

その他のじんましん

水虫の原因と対策

水虫の原因と対策

水虫とは

水虫の症状

趾間型と小水疱型

角質増殖型と爪白癬

治療と治療薬

水虫の予防と対策

爪の水虫・手の水虫

子供・赤ちゃんの水虫

女性の水虫・妊娠中の水虫


Copyright (C) 乾燥肌対策とかゆみ改善法 All Rights Reserved.